PARIS(パリ)(2008)

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

心臓病で余命わずかと告げられた元ダンサーのピエール(ロマン・デュリス)。移植提供者を待つ日々を送る彼を案じ、姉のエリーズ(ジュリエット・ビノシュ)は同居を始める。3人の子供を育てるために働き、人生を楽しむことを諦めた姉に“生きているんだ。人生を謳歌しなければ”とピエールは告げる。今の彼にとって、一番の楽しみは自宅のベランダからパリの街を行き交う人々を眺めることだった。向かいに住む美しいソルボンヌの大学生レティシアは、“君は美しい”と書かれた匿名のメールを受け取る。彼女は、メールの送信者が大学で講義を受けていた歴史学者のロラン(ファブリス・ルキーニ)からだと知り腹を立てるが、彼を受け入れ関係を持つ。ロランの弟フィリップ(フランソワ・クリュゼ)は建築家として活躍し、間もなく子供も生まれる。自分では幸せな人生だと思っていたが、兄から“お前はあまりにも普通すぎる”と言われ悩んでいる。ピエールが通うパン屋の女主人(カリン・ヴィアール)はいつも文句ばかり。ジャン(アルベール・デュポンテル)とカロリーヌ(ジュリー・フェリエ)は、離婚した元夫婦。今でも同じ市場で働き、それぞれに新しい出会いを見つけるが、お互いのことをまだ気にしている。華やかなファッション業界で気楽な毎日を謳歌するマルジョレーヌ(オドレ・マルネ)。遥か彼方のカメルーンでは、マルジョレーヌとの再会を夢見るブノワ(キングズリー・クム・アバン)が、パリへの不法入国を計画していた。パリという街の中で、接点のない人々が静かに交差する。それを垣間見ていたピエールにとって、彼らの日常が突如として意味を持ち始める。様々な哀しみや喜び。たとえそれが些細な問題であっても、それが本人にとっては世界で一番重要な事だということに気づく。姉に別れを告げ、最期の場所になるかもしれない病院へと向かう途中、ピエールはパリの街と人々を愛しく感じるのだった。


解説

「スパニッシュ・アパートメント」のセドリック・クラビッシュ監督が、パリを舞台に作り上げた群像劇。ガンで余命幾ばくもない元ダンサーが目にする街角の風景を通じて、様々な人間が暮らすパリの姿を描き出す。出演は「イングリッシュ・ペイシェント」のジュリエット・ビノシュ、「真夜中のピアニスト」のロマン・デュリス。


公開日2008年12月20日より
配給アルシネテラン
制作国フランス (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
カメラ
美術
音楽
録音
編集
衣装デザイン
キャスティング
スクリプター
監修
特殊効果
タイトル

キャスト

俳優名役名
ジュリエット・ビノシュ (Juliette Binoche)Elise (エリーズ)
ロマン・デュリス (Romain Duris)Pierre (ピエール)
ファブリス・ルキーニ (Fabrice Luchini)Roland Verneuil (ロラン)
アルベール・デュポンテル (Albert Dupontel)Jean (ジャン)
フランソワ・クリュゼ (Francois Cluzet)Philippe Verneuil (フィリップ)
カリン・ヴィアール (Karin Viard)La boulangere (パン屋)
メラニー・ロラン (Melanie Laurent)Laetitia (レティシア)
ジル・レルーシュ (Gilles Lellouche)Franky (フランキー)
ジネディーヌ・スアレム (Zinedine Soualem)Mourad (ムラード)
ジェリー・フェリエ (Julie Ferrier)Caroline (カロリーヌ)
モーリス・ベニシュー (Maurice Benichou)Le psy (精神科医)
オリヴィア・ボナミ (Olivia Bonamy)Diane (ディアーヌ)
オドレ・マルネ (Audrey Marnay)Marjolaine (マルジョレーヌ)
アンヌリーズ・エズム (Annelise Hesme)Victoire (ヴィクトワール)
サブリナ・ウアザニ (Sabrina Ouazani)Khadija (ハディージャ)
グザヴィエ・ロビック (Xavier Robic)Presentateur tele (テレビ司会者)
エマニュエル・カトラ (Emmanuel Quatra)Grand Nanar (グランナナール)
キングズリー・クム・アバン (Kingsley Kum Abang)Benoit (ブノワ)
ユベール・サン=マカリー (Hubert Saint-Macary)Le cardiologue (心臓病学者)
ルネ・ル・カルム (Renee Le Calm)Madame Renee (マダム・ルネ)
ジャン=ピエール・ムラン (Jean-Pierre Moulin)Professeur Vignard (教授)
クロエ・グリエ (Chloe Grillert)Enfants architecte (フィリップの子供)
パブロ・クラピッシュ (Pablo Klapisch)Enfants architecte (フィリップの子供)
タイス・クラピッシュ (Thais Klapisch)Enfants architecte (フィリップの子供)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP