猫ラーメン大将

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

CMや広告で大活躍、いまや日本中の人気者、キャットアイドルの将軍(声:加藤精三)は、息子の大将(声:古谷徹)も自分と同じようなアイドルに育てようとしていた。しかし、大将はそんな父のスパルタ教育に嫌気がさして、父のもとを飛び出してしまう。もっとまっとうな職に就いて父を見返そうと、寿司屋、外科医、タクシー運転手など職を転々とするが、何をやってもうまくいかない。もうこれまでと橋の欄干に立っていたとき、一人のラーメン屋の親父(黒沢年雄)が彼を店に連れて行き、一杯のラーメンを食べさせてくれる。そのあまりのうまさに感動の涙を流した大将は親父に弟子入り、日本一のラーメン屋を目指して過酷な修行を積むのだった。一年後。大将は“猫ラーメン大将”という店を持つ。店は連日、賑わっていたが、それはラーメンの味ではなく、猫がラーメンを作るという物珍しさによる人気だった。一方、将軍は暴力団との黒い交際を写真誌にスクープされ、CMは打ち切り、芸能界から完全追放されてしまう。しばらくして、“猫ラーメン大将”の近くに“本家猫ラーメン将軍”という店がオープン、店長は将軍だった。彼は多額の借金を抱えており、自分が究極のラーメンを作って、息子にラーメン屋を諦めさせようとしていたのだ。“大将”の常連、田中(加藤和樹)は敵情偵察に向かうが、麺、スープ、具、猫のルックス、店構え、パフォーマンス、全ての面で“大将”は負けていた。“将軍”は大繁盛、“大将”は客が激減する。そんな中、テレビ局が猫ラーメン対決を企画。大将は日本全国を回り最高の食材を用意するが、出来上がったラーメンは素材同士が味を殺しあっていた。自身を失った大将が、再び橋の欄干に立ったとき、師匠の親父が彼の横で微笑んでいた。親父の店でシンプルな醤油ラーメンを口にした大将は、忘れていた基本を思い出す。本番当日。テレビの前で全国民が見守る中、世界初の猫ラーメン対決が始まった……。


解説

そにけんじ原作の4コマ漫画『猫ラーメン』を「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」の河崎実が映画化。ラーメン店を開いた猫とその周囲の人々との交流を描く。猫親子の声を古谷徹と加藤精三という『巨人の星』の星飛雄馬・一徹父子コンビが担当。そのほかの出演は「髪がかり」の加藤和樹、「めぐりあい」の黒沢年雄など。


公開日2008年11月29日より
配給トルネードフィルム
制作国日本 (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
企画
プロデューサー
デザイン
撮影
美術
持道具
監督助手
挿入歌「時には醤油のように」歌
エンディングテーマ「Good Bye Hard Days」歌
録音
整音・ミキサー
音響効果
照明
編集
衣装デザイン
ヘアメイク
HD-VE
ポストプロダクションマネージャー
HD編集
光学リレコ
ラボコーディネイト
MAオペレーター
挿入歌「時には醤油のように」作詞
エンディングテーマ「Good Bye Hard Days」作詞
エンディングテーマ「Good Bye Hard Days」作曲
エンディングテーマ「Good Bye Hard Days」編曲
CA
アソシエイト・プロデューサー
製作進行/プロダクション・マネージャー
助監督
製作担当
技術統括
照明助手
照明応援
録音助手
装飾
ギニョール造型
ギニョール造型助手
劇中イラスト
CG
CGデザイナー
キネコ
色彩設計/色指定
タイミング
スチール
グリップ
メイキング
木更津ロケコーディネイト
車輌
宣伝プロデューサー
協力
出演(声)
大将操演
将軍操演
大将スタント声優
特別出演

キャスト

俳優名役名
加藤和樹田中さん (タナカサン)
長澤奈央まりこ (マリコ)
紗綾ミキ (ミキ)
松田ヒロシ珍味大介 (チンミダイスケ)
柳生九兵衛比久唐羅
赤澤圭 中田丸子 (タナカマルコ)
ダイゾー (Daizo)TVディレクター (テレビディレクター)
阿部定忠治カメラマン (カメラマン)
ケンタエリザベス3世音声 (オンセイ)
なべやかん司会者 (シカイシャ)
黒木マリナアシスタント (アシスタント)
秋元唯光秀太 (シュウタ)
岩クレイジー寿司屋店員 (スシヤテンイン)
加藤礼次朗寿司屋の客 (スシヤノキャク)
森田釣竿寿司屋の客 (スシヤノキャク)
福田裕彦スポンサー (スポンサー)
河崎実 (Minoru Kawasaki)監督 (カントク)
池田彰吾魚屋 (サカナヤ)
かとうあつき主婦 (シュフ)
深江卓次瀕死の夫 (ヒンシノオット)
安藤光子その妻 (ソノツマ)
イー看護士 (カンゴシ)
海老原優手術助手 (シュジュツジョシュ)
カン・ソンサ手術助手 (シュジュツジョシュ)
プチ鹿島タクシーの中年客 (タクシーノチュウネンキャク)
レイパー佐藤芸能リポーター (ゲイノウリポーター)
南結衣女子高生リカ (ジョシコウセイリカ)
香波女子高生ユキナ (ジョシコウセイユキナ)
宮内琴香女子高生マナ (ジョシコウセイマナ)
平野愛女子高生ユミ (ジョシコウセイユミ)
中村純子失神する将軍の客 (シッシンスルショウグンノキャク)
赤崎由実
天野ミチヒロ
石井遥
石原純子
伊藤香菜
江崎由香
奥田恭世
鬼塚和末
上岡麻佳
佐伯太基
竹中優里子
チハ
鶴見憲
出口真央
冨岡美沙子
中根彰
中村朝美
中村功
西村麻弥
華子
桶元千春
深沢身依子
前田綾乃
松村さくら
宮内健在
森本繭斗
渡辺曜子
橋達也板長 (イタチョウ)
黒沢年雄 (Toshio Kurosawa)ラーメン屋のおやじ (ラーメンヤノオヤジ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP