青い鳥(2008)

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東ケ丘中学校2年1組では前学期、野口という男子生徒がいじめによる自殺未遂を起こしていた。野口は家がコンビニのため、“コンビニくん”とあだ名され、店の商品を級友たちに渡していた。遺書にはいじめをしていた3人の名前が記されていたが、公表されなかった。野口は転校し、コンビニは閉店した。そして担任の高橋は休職した。新学期初日。2年1組に、村内(阿部寛)という吃音の臨時教師がやってくる。村内は野口の机を教室に戻し、誰もいない席に声を掛ける。教師たちは事件を解決するため、生徒たちに反省文を書かせていた。それで野口のことを忘れようとしていた生徒たちは、村内の行動に動揺する。村内は毎朝、野口の机に声を掛け続けた。それは生徒だけでなく、ほかの教師や保護者にも波紋を広げていく。生徒の1人、園部真一(本郷奏多)は級友にけしかけられ、1度だけ野口にポテトチップを頼んだことがあった。園部はそのことで深く傷つき、遺書には自分の名前が書かれていたと思い込んでいた。村内が赴任して1ケ月が過ぎたある日、園部は村内に、自分の思いをぶつける。野口はいつもおどけていて、商品を頼まれると嬉しそうに必ず要求以上の品を持ってきたが、実は自分に助けを求めていたのではないか、と。村内は吃音を振り絞るように、人が生きていく上で負うべき責任について語り始める。そして、村内が学校を去る日がやってくる。


解説

いじめによる自殺未遂が起こったクラスに吃音の臨時教師が赴任してくる。彼は独自のやり方で、事件を忘れようとする生徒たちの心に変化をもたらす。重松清の同名短編小説が原作。監督は、テレビドラマの演出を経て本作が劇映画監督デビューとなる中西健二。出演は、「チーム・バチスタの栄光」の阿部寛、「シルク」の本郷奏多。


公開日2008年11月29日より
配給日活=アニープラネット
制作国日本 (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
主題曲/主題歌
録音
照明
編集
スチール
監修

キャスト

俳優名役名
阿部寛 (Hiroshi Abe)村内 (ムラウチ)
本郷奏多 (Kanata Hongo)園部真一 (ソノベシンイチ)
太賀井上武志 (イノウエタケシ)
鈴木達也梅田光太郎 (ウメダコウタロウ)
荒井萌早川由香(学級委員) (ハヤカワユカ(ガッキュウイイン))
篠原愛実高木沙英 (タカギサエ)
河神将平松本宏樹 (マツモトヒロキ)
伊藤大翔前川修吾 (マエカワシュウゴ)
三浦萌木村めぐみ (キムラメグミ)
高木里穂千葉麗佳 (チバレイカ)
田中大河綿貫大志 (ワタヌキタイシ)
青木柊太緒方健二 (オガタケンジ)
小泉拓哉角田誠一郎 (スミダセイイチロウ)
山崎和也野口哲也 (ノグチテツヤ)
新木優子片山舞(2年2組総務委員) (カタヤママイ(ニネンニクミソウムイイン))
高木優希広瀬達也(生徒会長) (ヒロセタツヤ(セイトカイチョウ))
唐沢もえ小澤絵里(副会長) (オザワエリ(フクカイチョウ))
石崎直下川友安(2年3組総務委員) (シモカワトモヤス(ニネンサンクミソウムイイン))
南涼写真の少年 (シャシンノショウネン)
山賀教弘園部聡
中帆登美園部佳代 (ソノベカヨ)
井上肇石野一成(生活指導担当) (イシノカズナリ(セイカツシドウタントウ))
岸博之小泉隆広(教頭) (コイズミタカヒロ(キョウトウ))
重松収宮崎邦彦(校長) (ミヤザキクニヒコ(コウチョウ))
伊藤歩 (Ito Ayumi)島崎美幸 (シマザキミユキ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP