GSワンダーランド

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1968年。日本はGSブームの真っ只中。歌手を目指し、北海道から家出同然で上京してきた大野ミク(栗山千明)は、芸能事務所の門を叩くが門前払いを受けてしまう。音楽を志す者たちの登竜門、ライヴハウスACEでは、ザ・ナックルズのリーダー、タツオ(高岡蒼甫)が、ドラムのシュン(水嶋ヒロ)とベースのケンタ(浅利陽介)に「ビートルズのメンバーが秋田に来ている」と二人をバンドから体良く追い出すために嘘の情報を吹き込む。その同じ会場には、熱い視線でステージを見つめるマサオ(石田卓也)がいた。彼は大学進学を諦め、日劇のステージを目指してギターの練習に励む日々を過ごしていた。そんな中、演歌専門のファインレコーズでも新人バンドを探しており、担当の佐々木(杉本哲太)は、松田社長(岸部一徳)や鎌田専務(大杉漣)に、3ヶ月でGSバンドをデビューさせよと命じられる。佐々木は早速、弱小プロダクションの社長・梶井(武田真治)にスカウトを依頼。梶井は、ひょんなことで知り合ったマサオ、シュン、ケンタが結成した“ザ・ダイアモンズ”に目をつけた。しかし、佐々木の要望はオルガンのあるバンド。窮余の策で、梶井は以前、事務所に押しかけてきたミクを男装させて、ミックとして新メンバーにしてしまう。こうして4人はトントン拍子にデビューしたものの、デビュー曲は記録的な低売上げ。追い込まれた佐々木は、バンドのイメージ刷新に着手。白タイツにフリルいっぱいの王子様ファッションでマッシュルームヘア、バンド名も“ザ・タイツメン”に改名した。釈然としないメンバーだったが、これが大当たり。特に中性的な魅力のミックが大人気で、妙子(三倉茉奈)、明美(三倉佳奈)を筆頭とする熱狂的な追っかけも発生。たちまち“ザ・タイツメン”はスター街道を走り始める。しかし、日劇のステージも近づいてきた頃、カメラマン(片桐仁)がミックの“あるもの”を盗撮する……。


解説

グループサウンズブームに沸く1960年代後半を舞台に、音楽に生きる若者たちの姿を描く青春ドラマ。監督は「戦 IKUSA」の本田隆一。出演は「エクステ」の栗山千明、「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の石田卓也、「ラヴ★コン」の水嶋ヒロ、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の浅利陽介など。


公開日2008年11月15日より
配給デスペラード=日活
制作国日本 (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
音楽プロデューサー
主題曲/主題歌
録音
照明
主題歌「海岸線のホテル」・作詞
主題歌「海岸線のホテル」・作曲
キャスティング
アソシエイト・プロデューサー
ライン・プロデューサー
監督補
助監督
装飾
プロデューサー補

キャスト

俳優名役名
栗山千明 (Kuriyama Chiaki)大野ミク (オオノミク)
石田卓也 (Takuya Ishida)紀川マサオ (キガワマサオ)
水嶋ヒロ (Hiro Mizushima)正巳屋シュン (マサミヤシュン)
浅利陽介 (Yosuke Asari)柏崎ケンタ (カシワザキケンタ)
温水洋一 (Yoichi Nukumizu)大河内宗雄 (オオコウチムネオ)
大堀こういち
緋田康人
村松利史
三倉茉奈石貫妙子 (イワヌキタエコ)
三倉佳奈石貫明美 (イワヌキアケミ)
根岸季衣 (Negishi Toshie)
湯原昌幸
山崎一
森田順平
山崎樹範 (Shigenori Yamazaki)
ケンドーコバヤシ熊田恭一 (クマダキョウイチ)
片桐仁
佐藤二朗 (Jiro Sato)
大杉漣 (Ren Osugi)鎌田兼一 (カマタケンイチ)
高岡奏輔 (Sosuke Takaoka)長谷川タツオ (ハセガワタツオ)
武田真治 (Shinji Takeda)梶井良介 (カジイリョウスケ)
杉本哲太 (Tetta Sugimoto)佐々木智典 (ササキトモノリ)
岸部一徳 (Ittoku Kishibe)松田重吉 (マツダジュウキチ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP