ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1882年に創設され、125年以上もの伝統を誇るベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(=ベルリン・フィル)。ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ヘルベルト・フォン・カラヤン、クラウディオ・アバドら錚々たる指揮者が歴代主席指揮者を務め、完璧なアンサンブルと輝かしいサウンドで世界中の音楽ファンを魅了してきた世界最高のオーケストラである。映画はその入団試験の様子から始まる。ベルリン・フィルでは入団試験に合格しても即採用とはならない。本採用前に試用期間があり、その後、指揮者ではなくメンバーたち自身が新人の合否を決めるのだ。こうして厳しい関門を潜り抜け、晴れてベルリン・フィルのメンバーとなった団員126名によるアジア6都市を巡るコンサートツアーが開催されたのは2005年。音楽監督は主席指揮者のサー・サイモン・ラトル。訪問地は北京、ソウル、上海、香港、台北、東京。26年ぶりの再訪となる北京。大掛かりなテレビ中継が待ち受ける上海。数万人の聴衆がパブリックビューイングに押し寄せる台北。そして、カラヤンの時代から数々の名演を残してきた東京。各地で繰り広げられるラトルの妥協を許さない厳しいリハーサル、一糸乱れぬアンサンブルから生まれる本番演奏の模様を、余すところなくカメラは捉える。その一方で、ツアーの合間を縫って実施されたメンバーへの個別インタビュー。最高のハーモニーを追い求める苦労と情熱。伝統の重みとプライド。私生活の犠牲も厭わぬ献身的なプロ意識。クラシック音楽の頂点に位置するエリート集団の内幕が、メンバー自身の口から赤裸々に語られてゆく。


解説

125年以上の伝統を誇るベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が、2005年にアジア6都市を巡るツアーを実施。「ベルリン・フィルと子供たち」のトマス・グルベ監督がその模様を密着取材したドキュメンタリー。各地の演奏風景に加え、主席指揮者サー・サイモン・ラトルや他のメンバーの証言から、楽団の実態が浮かび上がる


公開日2008年11月15日より
配給セテラ・インターナショナル
制作国ドイツ (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
撮影
音楽
録音
字幕
字幕監修

キャスト

俳優名役名
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (Berlin Philharmoniker)
サー・サイモン・ラトル (Simon Rattle)Conductor (首席指揮者)
ミハエル・アフカム (Micha Afhkam)Viola (ヴィオラ候補生)
マヤ・アヴラモヴィチ (Maja Avramovic)1st Violin (第1ヴァイオリン)
アリーネ・シャンピオン (Aline Champion)1st Violin (第1ヴァイオリン)
スタンリー・ドッズ (Stanley Dodds)2nd Violin (第2ヴァイオリン)
ラファエル・ヘーガー (Raphael Haeger)Percussion (パーカッション候補生)
クリストフ・ハルトマン (Christoph Hartmann)Oboe (オーボエ)
オラフ・マニンガー (Olaf Maninger)Solo Cello (チェロ)
アルブレヒト・マイヤー (Albrecht Mayer)Solo Oboe (オーボエ)
ファーガス・マクウィリアム (Fergus McWilliam)Horn (ホルン)
フレディ・ミュラー (Fredi Muller)Percussion (パーカッション)
マルティン・フォン・デル・ネーマー (Martin von der Nahmer)Viola (ヴィオラ候補生)
マンフレート・プライス (Manfred Preis)Bass Clarinet (バス・クラリネット)
ヴィルジニー・レベル (Virginie Reibel)Piccolo (ピッコロ候補生)
エディクソン・ルイース (Edicson Ruiz)Contrabass (コントラバス)
フランツ・シュインドルベッグ (Franz Schindlbeck)Percussion (パーカッション)
ライナー・ゼーガース (Rainer Seegers)Timpani (ティンパニ)
ヴァルター・ザイファート (Walter Seyfarth)Clarinet (クラリネット)
清水直子 (Naoko Shimizu)Solo Viola (ヴィオラ)
ダニエル・スタブラヴァ (Daniel Stabrawa)1st Concertmaster (コンサートマスター)
マルティン・シュテグナー (Martin Stegner)Viola (ヴィオラ)
クラウス・シュトール (Klaus Stoll)1st Solo Bass (コントラバス)
ヴィルフリート・シュトレーレ (Wilfried Strehle)Solo Viola (ヴィオラ)
ガボール・タルケヴィ (Gabor Tarkovi)Solo Trumpet (トランペット)
ゲッツ・トイチェ (Gotz Teutsch)Violoncello (チェロ)
トーマス・ティム (Tomas Timm)2nd Violin,Principal (第2ヴァイオリン)
ヘニング・トローク (Henning Trog)Bassoon (ファゴット)
クラウス・ヴァレンドルフ (Klaus Wallendorf)Horn (ホルン)
イェルカ・ヴェーバー (Jelka Weber)Flute (フルート)
ヴィーランド・ヴァイツェル (Wieland Welzel)Timpani (ティンパニ)
サラ・ウィリス (Sarah Willis)Horn (ホルン)
ドミニク・ヴォレンヴェーバー (Dominik Wollenweber)English Horn (イングリッシュホルン)
安永徹 (Toru Yasunaga)1st Concertmaster (コンサートマスター)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP