天国はまだ遠く

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

都会で忙しく働くOLの千鶴(加藤ローサ)は日々の生活に疲れていた。仕事も恋もうまくいかないし、一人で頑張るのも限界。彼女は逃げるように京都の宮津へ旅立つ。“知らない場所でさよならするのだ。”夜の駅に降り立った彼女は、人のいない場所に連れて行って欲しいとタクシーに乗り込む。街灯もなく闇に包まれた森を抜け、辿り着いたのは山奥に佇む“絶景の宿 民宿たむら”。戸惑う千鶴を迎えたのは、ひとり静かに自給自足の生活を送る宿の主人、田村(徳井義実)だった。他に客はいない。意を決した千鶴は大量の睡眠薬を飲み込むと、深い眠りに落ちていく。だが32時間後、眠り続けた千鶴は何事もなく目を覚ます。自殺は失敗、体はどこにも異常なし。そんな千鶴を朝日と魚が焼ける匂いが誘い、田村と共に朝食を取ることになる。光り輝く海、森を吹き抜ける風、木漏れ日、自然の恵みを生かした田村の手作り料理。それらすべてが新鮮だった。そして、何気ない田村のやさしさに、千鶴の砕かれた心は徐々に回復していく。一方、殻に閉じこもりストイックな日々を送っている田村にも、大きな秘密があった。しかも、千鶴という突然の訪問客が田村の心を乱していくのだった…。


解説

瀬尾まいこの同名小説を「夜のピクニック」の長澤雅彦監督が映画化。都会生活に疲れ、自殺目的で人里離れた土地を訪れた女性が、民宿を営む男との交流を通じて再生する姿を温かなタッチで綴る。主演は「デトロイト・メタル・シティ」の加藤ローサと、「ガキンチョ★ROCK」にも出演したお笑い芸人“チュートリアル”の徳井義実。


公開日2008年11月8日より
配給東京テアトル
制作国日本 (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
プロデューサー
撮影
アートディレクター
美術
音楽
音楽プロデューサー
エンディングテーマ「こと」・歌
録音
レコーディングアシスタント
レコーディングエンジニア
ミキシングアシスタント
音響効果
照明
編集
スタイリスト
ヘアメイキャップデザイナー
ヘアメイキャップ
DIT
アシスタントカラリスト
HDエディター
HDアシスタントエディター
HDリアルタイムレコーダー
光学リレコ
挿入歌「星降る街角」・作詞
挿入歌「雪國」・作詞
エンディングテーマ「こと」・作詞
挿入歌「星降る街角」・作曲
挿入歌「雪國」・作曲
エンディングテーマ「こと」・作曲
エンディングテーマ「こと」・編曲
音楽演奏
キャスティング
ライン・プロデューサー
製作進行/プロダクション・マネージャー
制作経理
助監督
製作統括
装飾
フレモア
題字/タイトル
監督助手
撮影助手
DIT助手
照明助手
録音助手
小道具
編集助手
音響効果助手
タイトルCG
スチール
車輌
製作主任
テクニカル・プロデューサー
色彩設計/色指定
PPM
フレモアアシスタント
タイミング
整音助手
配給プロデューサー
フォトグラファー
蕎麦打ち指導
調律指導
照明部応援
制作部応援
音楽制作
協力
ロケーション協力
製作委員
友情出演
特別出演

キャスト

俳優名役名
加藤ローサ (Kato Rosa)山田千鶴 (ヤマダチヅル)
徳井義実田村遥 (タムラハルカ)
河原さぶ沢登正次 (サワノボリセイジ)
絵沢萠子沢登和子 (サワノボリカズコ)
郭智博真鍋久秋 (マナベヒサアキ)
宮川大助坂下敏彦 (サカシタトシヒコ)
南方英二亀井雅春 (カメイマサハル)
福田充徳小杉裕喜 (コスギヒロキ)
海原はるか里塚稔 (サトヅカミノル)
海原かなた沖育男 (オキイクオ)
土佐信道駅員 (エキイン)
山岡麻依子スーパーの店員 (スーパーノテンイン)
松崎政好神父 (シンプ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP