ブタがいた教室

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

4月。6年2組担任の新米教師・星(妻夫木聡)は、教室に1匹の子豚を連れてきた。卒業までの1年間、その豚を育てて、大きくなったらみんなで食べようという。星の提案に、教頭の仁科(大杉漣)は苦い顔。しかし、生きているものを食べるということの意味を体で感じてもらいたいという星の熱意と覚悟に負け、高原校長(原田美枝子)は学校で豚を飼う許可を出す。6年2組の生徒たち26人は、全員で校庭に小屋を作り、当番を決めて“Pちゃん”と名付けた子豚を飼いはじめた。池沢(田畑智子)のクラスが育てているトマトをPちゃんが食べてしまったり、生徒の母親たちが豚を飼うことに反対したりと数々の問題が発生するが、クラス全員が協力してPちゃんの世話をし、時には一緒に遊んだりして楽しい日々を過ごしていった。ところが、夏休みも過ぎ、卒業まで4ヶ月となった頃、6年2組の中ではPちゃんを食べることに反対する意見が増えていた。Pちゃんをどうするか、クラスのみんなは一生懸命に考え、様々な意見を出していくが、食べるか食べないかの結論は決定しないまま卒業が近づいてくる。そして迎える卒業式。クラスを二つに分けた涙の激論の中、26人の子供たちと星が最後に出した決断とは…?


解説

ドキュメンタリーとしてテレビ放映された、大阪の新任教師による実践教育を基に「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」の前田哲が映画化。出演は「ザ・マジックアワー」の妻夫木聡、「築地魚河岸三代目」の大杉漣、「アフタースクール」の田畑智子、「どろろ」の原田美枝子、「コドモのコドモ」の甘利はるななど。


公開日2008年11月1日より
配給日活
制作国日本 (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原案
エグゼクティブプロデューサー
企画協力
製作
製作代表
プロデューサー
プロダクション統括
共同プロデューサー
撮影
美術
音楽
主題歌・プロデュース
主題歌
録音
音響効果
照明
編集
スタイリスト
ヘアメイク
VE
主題歌・作詞
主題歌・作曲
製作担当
助監督
動物統括

キャスト

俳優名役名
妻夫木聡 (Satoshi Tsumabuki)星先生 (ホシセンセイ)
大杉漣 (Ren Osugi)仁科教頭 (ニシナキョウトウ)
田畑智子 (Tabata Tomoko)池沢先生 (イケザワセンセイ)
池田成志 (Narushi Ikeda)小鷲先生 (コワシセンセイ)
甘利はるな甘利花
池田彩由佳
石川すみれ
伊藤奈月
大和田結衣
小川美月
柚りし菓
金子海音
斉藤みのり
櫻木麻衣羅
桜あずき
新川奈々
夏居瑠奈
松原菜野花
東圭太
石井千也
鵜木伸哉
大倉裕真
岡駿斗
緒方博紀
柿澤司柿澤司
影山樹生弥
樺澤力也
北村匠海
寺田英永寺田英永
向江流架
ピエール瀧榎木伸哉の父 (エノキシンヤノチチ)
清水ゆみ音楽教師 (オンガクキョウシ)
近藤良平太田雄馬の父 (オオタユウマノチチ)
大沢逸美松原菜野花の母
戸田菜穂 (Toda Naho)甘利花の母
原田美枝子 (Mieko Harada)高原校長 (タカハラコウチョウ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP