レッドクリフ PartI

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

いまから1800年前、400年の歴史を誇る漢王朝も乱世を迎えていた。君主として帝国を支配するのは、80万人の大軍の頂点にある曹操(チャン・フォンイー)。「天下統一」を掲げる彼は、軍勢2万人の劉備(ヨウ・ホン)を襲う。撤退が遅れた劉備軍は多大な打撃を受けるが、関羽(バーサンジャプ)と張飛(ザン・ジンシェン)の活躍によって、なんとか壊滅を免れた。窮地に立たされた劉備に進言したのは天才軍師として知られる孔明(金城武)だった。その案とは、敵軍である孫権(チャン・チェン)と同盟を結んで、共同で曹操を倒すという大胆なものだった。これからも残された僅かな軍勢で闘いを続けるか、降伏して曹操に白旗を掲げるか。ふたつにひとつしかない選択の中で、孔明の提案は唯一の希望の光だった。単身で孫権との会見に向かった孔明が出会ったのは、孫権軍の司令官ともいえる周瑜(トニー・レオン)だった。彼が知と徳を持ち合わせた優秀な軍人であることは、外観からもひとめで理解できた。周瑜は孔明の提案を警戒するが、その誠実な人柄に触れるにつれて信頼を抱くようになる。孔明もまた、カリスマ的な周瑜の魅力に惹かれ、大いなる友情を感じはじめていた。孫権側の外交官である魯粛(ホン・ヨウ)の画策も功を成して、やがて二人の心はひとつとなる。孫権軍と劉備軍は同盟を結んだ。しかし、両軍を合わせても10万人、曹操軍の80万人には及びもつかなかった。曹操には、もうひとつの野望があった。至高の美女としてその名を轟かす周瑜の妻である小喬(リン・チーリン)を我がものにすることだった。孫権の妹でありながら、馬術の達人で男勝りの尚香(ウィッキー・チャオ)。周瑜の部下で、命も顧みず敵陣に乗り込む勇敢な武人の甘興(中村獅童)。数々の人間模様が描かれながら、曹操2000隻の戦艦と孫権・劉備同盟軍による戦いがいま始まろうとしていた。


解説

英雄伝『三国志』のエピソード“赤壁の戦い”を中国語映画史上最大の規模で映画化。中国をはじめ、日本、アメリカ、台湾、韓国の合作で製作費100億円を投入、「フェイス/オフ」「M:I-2」などハリウッド映画界でも活躍するジョン・ウーが脚本・監督はもちろん、製作総指揮も兼ねる。周瑜役に「ラスト、コーション」のトニー・レオン、孔明役に「LOVERS」の金城武、孫権役に「ブエノスアイレス」のチャン・チェンなど、俳優陣もアジアを代表するスターたちが集まった。圧倒的なスケールと迫力の戦闘シーンは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのオーファネージ社が担当した。


公開日2008年11月1日より
配給東宝東和=エイベックス・エンタテインメント
制作国アメリカ 中国 日本 台湾 韓国 (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
水上戦場面監督
アクション監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影監督
美術
音楽
主題曲/主題歌
編集
衣装デザイン
第二班監督
VFX監督
VFX
翻訳
字幕
監修
特別出演
スチール

キャスト

俳優名役名
トニー・レオン (Tony Leung)Zhou Yu/周瑜 (シュウユ)
金城武 (Takeshi Kaneshiro)Zhuge Liang/諸葛孔明 (ショカツコウメイ)
チャン・フォンイー (Zhang Feng-Yi)Cao Cao/曹操 (ソウソウ)
チャン・チェン (Chang Chen)Sun Quan/孫権 (ソンケン)
ヴィッキー・チャオ (Vicki Zhao)Sun Shangxiang/孫尚香 (ソンショウコウ)
フー・ジュン (Hu Jun)Zhao Yun/趙雲 (チョウウン)
リン・チーリン (Chiling Lin)Xiao Qiao/小喬 (ショウキョウ)
ユウ・ヨン (You Yong)Liu Bei/劉備 (リュウビ)
ホウ・ヨン (Hou Yong)Lu Su/魯粛 (ロシュク)
トン・ダーウェイ (Tong Dawei)Sun Shucai/孫叔財 (ソンシュクザイ)
ソン・ジア (Song Jia)Li Ji/驪姫 (レイキ)
バーサンジャップ (Ba Sen Zha Bu)Guan Yu/関羽 (カンウ)
ザン・ジンシェン (Zang Jingsheng)Zhang Fei/張飛 (チョウヒ)
チャン・サン (Zhang Shan)Huang Cai/黄蓋 (コウガイ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP