ゲット スマート

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

マックスウェル・スマート(スティーブ・カレル)は米国のスパイ機関“コントロール”に所属する分析官。凶悪な犯罪シンジケート“カオス”が企む世界制服の陰謀を阻止するために、日夜、敵状分析に励んでいた。ところがある日、コントロール本部が襲撃され、所属するエージェント全員の身元が知られてしまう。やむなく、チーフ(アラン・アーキン)はスマートを昇格させることにする。エージェントになることが夢だったスマートは狂喜乱舞。コントロール所属のエージェント中のスーパースター・エージェント23(ドウェイン・ジョンソン)とコンビを組むことを熱望するスマートだったが、彼も正体を知られている。そこで、美容整形で新しい顔を手に入れたばかり、唯一正体を知られていないゴージャスボディの美女、エージェント99(アン・ハサウェイ)がパートナーに。わずかなスパイグッズと抑えきれないほどの情熱、キレる頭脳。そして本人の意思とは関係なく炸裂する天然のユーモア。そのすべてを武器に、晴れてエージェント86となったスマートは、顔に似合わず凶暴なエージェント99とともに、カオスのボス、シーグフリード(テレンス・スタンプ)の陰謀に立ち向かう。そして、二人に与えられた任務は、盗み出された核物質の行方を突き止め、世界規模で進行中の破壊工作を阻止することだった。


解説

1960年代後半に人気を博したTVスパイシリーズ『それ行けスマート』を、「40歳の童貞男」のスティーブ・カレルが製作総指揮・主演兼任で映画化。世界制服を企む犯罪組織の陰謀に立ち向かう、米国スパイ機関の新米エージェントと凶暴美女の活躍をコメディタッチで描く。共演は「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイ


公開日2008年10月11日より
配給ワーナー
制作国アメリカ (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
キャラクター・デザイン
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕
字幕協力

キャスト

俳優名役名
スティーヴ・カレル (Steve Carell)Maxwell Smart/Agent 86 (マックスウェル(マックス)・スマート/エージェント86)
アン・ハサウェイ (Anne Hathaway)Agent 99 (エージェント99)
ドゥエイン・ジョンソン (Dwayne Johnson)Agent 23 (エージェント23)
アラン・アーキン (Alan Arkin)The Chief (チーフ)
テレンス・スタンプ (Terence Stamp)Siegfried (シーグフリード)
ジェームズ・カーン (James Caan)The President (大統領)
マシ・オカ (Masi Oka)Bruce (ブルース)
ネイト・トレンス (Nate Torrence)Lloyd (ロイド)
ケン・ダビティアン (Ken Davitian)Shtarker (シュターカー)
テリー・クルーズ (Terry Crews)Agent 91 (エージェント91)
デイヴィッド・コークナー (David Koechner)Larabee (ララビー)
ダリープ・シン (Dalip Singh)Dalip (ダリープ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP