きみにしか聞こえない

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

リョウ(成海璃子)は、内気な女子高生だ。友人もいないし、携帯電話も持っていない。他人と上手に話すことができず、心を閉ざしている。ある日、リョウは、公園でおもちゃの携帯電話を拾う。翌日、突然鳴り出したその携帯電話から聞こえてきたのは、若い男性(小出恵介)の声だった。男性は、シンヤと名乗る。リョウとシンヤは、そのうち携帯を持たなくても、会話ができるようになる。頭の中の携帯で心が通じ合っているのだ。リョウは、今まで心の中にしまい続けていた不安をシンヤにぶつける。自分が生きる意味を見つけられずにいること、自分なんていなくなってしまえばいいという気持ち。シンヤは、それを受け止め、リョウを故郷の鎌倉へ誘う。週末、リョウは、シンヤの携帯での案内を聞きながら、鎌倉の街を歩く。シンヤは、リョウに、自分にゆかりのある場所を訪れるよう指示し、リョウはその出会いで、シンヤの優しい人柄に触れていく。その道すがらも、シンヤはリョウを元気づけていく。リョウは、この〈デート〉を機に変わり始める。と同時に、シンヤに一目会いたいという望みも、確かなものとなっていった。そして遂に、シンヤとリョウが出会うチャンスが訪れる。だが、それは、リョウが乗り越えなければならない悲しみとの出会いでもあった。


解説

孤独な若者が、不思議な出来事をきっかけに、お互いに励まし合い、心を寄せ合うことで、生きる希望を得るラブストーリー。若者から絶大な支持を受ける作家、乙一の同名作品を、新人監督萩島達也が映画化。若手の注目株、成海璃子と小出恵介が共演する。主題歌は、DRAEMES COME TRUE。映画のための書き下ろし曲で、ギタリストの中村正人は、音楽監修も兼ねている。


公開日2007年6月16日より
配給ザナドゥー
制作国日本 (2007)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽監督
音楽
主題歌
録音
音響効果
照明
編集
スタイリスト
ヘアメイク
ビデオエンジニア
アソシエイトプロデューサー
ラインプロデューサー
助監督
スクリプタ-
CGプロデューサー
スチール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP