オープン・ウォーター2

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

メキシコ湾のマリーナに浮かぶ大型ヨット“ゴットスピード”号で、投資家として成功したダン(エリック・デイン)は恋人のミッシェル(キャメロン・リチャードソン)と共に旧友たちを待っていた。その頃、エイミー(スーザン・メイ・プラット)は夫のジェームズ(リチャード・スパイト・ジュニア)の運転でメキシコへと向かっていた。元ボーイフレンドのダンからのヨットクルーズの招待は、しかし彼女にとって素直に喜べるものではなかった。もちろんローレン(アリ・ヒリス)やザック(ニコラウス・ランゲ)といった親友たちとの再会は楽しみだったが、エイミーは幼い頃に溺れてしまった自分を助けるために父親が犠牲になったことから、水への恐怖を抱いていたのだ。再会を喜び、旧交を温める6人の男女を乗せたヨットはクルーズへと乗り出す。やがて、ミッシェルが海で泳ぎたいと言いだし、それに乗ったザック、ローレン、ジェームズも次々へ海へと入っていった。浮かない顔のエイミーはライフジャケットを着たままでいたが、そんな彼女を調子に乗ったダンが冗談半分に抱きかかえ、一緒に海へ飛び込んでしまう。エイミーは恐怖で硬直してしまい失神しそうになる。ダンの過ぎた行いに他のメンバーは呆れ、エイミーを船上に上げようとしたとき、甲板に上るための梯子を出し忘れていたことに気付く。大型の“ゴットスピード”号は水面から甲板まで数メートルあり、梯子なしでは上がることはできない。救助は期待できず、自力で泳ぐにも沖に来すぎている。エイミーが着ていたライフジャケットと、ザックが手にしていたゴーグルとサバイバル・ナイフだけが彼らに残された全てだった。やがて、内輪もめからダンが誤ってナイフでザックの胸を刺してしまう。血が広がり、一同は鮫の恐怖でパニックに陥る。海水に奪われる体力、迫り来る夕闇、悪化する天候……彼らに生き延びる方法は残されているのだろうか?


解説

前作「オープン・ウォーター」から2年。実話を元に、さらに恐ろしくなった海洋サバイバルアクション。監督はCMと音楽ビデオを中心に活躍し、現在ではハリウッドで数本の脚本を展開している新鋭ハンス・ホーン。出演はスーザン・メイ・プラット、アリ・ヒリス、他。


公開日2007年7月28日より
配給東芝エンタテインメント=ポニー・キャニオン=トルネード・フィルム
制作国ドイツ (2006)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
共同製作
撮影監督
プロダクション・デザイン
音響デザイン
編集
衣装デザイン

キャスト

俳優名役名
スーザン・メイ・プラット (Susan May Pratt)Amy (エイミ)
リチャード・スパイト・ジュニア (Richard Speight Jr.)James (ジェムズ)
ニクラウス・ランゲ (Niklaus Lange)Zach (ザック)
アリ・ヒリス (Ali Hillis)Lauren (ロレン)
キャメロン・リチャードソン (Cameron Richardson)Michelle (ミッシェル)
エリック・デイン (Eric Dane)Dan (ダン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP