柔道龍虎房

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

柔道界で『柔道小金剛』とまで呼ばれたトップ選手のシト・ポウ(ルイス・クー)は、数年前に突然柔道を辞めて伝説の選手となっていた。今は酒場の雇われマスター兼バンドリーダーとしてギターを弾き、酒におぼれる自堕落な生活を送り、借金に追われていた。そんな時、トニー(アーロン・クォック)という男が酒場に現れて柔道の勝負を申し込んできた。最初は全く応じる気がなかったシト・ポウだが、突然、ステージに上がってサキソフォンを吹き出すトニーをなぜか気に入るように。そこに大陸から渡ってきて日本で歌手になることを夢見るシウモン(チェリー・イン)も現れ、奇妙な3人の生活が始まる。シト・ポウはトニーから再三にわたって組み手を申し込まれ、シウモンからは夢をあきらめないで柔道家に戻るよう励まされる。そこに現役時代のライバルであったレイ・アコンが現れ、かつて行われなかった試合の決着をつけたいと申し出てくる。さらにシト・ポウの師匠が、自分の息子チンを助け潰れかけている道場を立て直してほしいと頼んでくる。チンは「姿三四郎」の主題歌を日本語で愛唱するほどの柔道好きであった。シト・ポウの酒場は柔道家たちが技を競う場と化していき、各々の果たされなかった夢がかなう場となっていくのだった。


解説

柔道に全てを懸けた二人の男と歌手を夢見る一人の女が奇妙な共同生活を送る青春ドラマ。監督は「ブレイキング・ニュース」のジョニー・トー。出演は「忘れえぬ想い」のルイス・クーと「SPY_N」のアーロン・クォック。今作は黒澤明監督に捧げられている。


公開日2006年5月13日より
配給ステップ・バイ・ステップ=デックスエンタテインメント
制作国香港 (2004)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
エクゼクティブ・プロデューサー
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
衣装
武術指導
スチール
字幕翻訳

キャスト

俳優名役名
ルイス・クー (Louis Koo)SzeTo (シト・ポウ)
アーロン・クォック (Aaron Kwok Fu Shing)Tony (トニー)
チェリー・イン (Cherrie Ying)Mona (シウモン)
レオン・カーフェイ (Leung Ka Fai)Kong (レイ・アコン)
ロー・ホイパン (Lo Hoi Pang)Master Cheng (チェン・ヤッサム(師匠))
カルバン・チョイ (Calvin Choy)Jing (チン(師匠の息子))
チョン・シウファイ (Cheung Siu-Fai)Brother Savage (マン)
ジャック・カオ (Jack Kao)Mona's Dad (シウモンの父)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP