≒舟越桂

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

彫刻家・舟越桂。その特徴は、クスノキを素材とした木彫の半身像に、黒々と光る大理石の眼。ヴェネツィア・ビエンナーレ、サンパウロ・ビエンナーレ、ドクメンタIX、シドニー・ビエンナーレなどに参加し、その独自の存在感を持つ作品群は、日本のみならず、海外でも高い評価を得ている。またベストセラー小説『永遠の仔』など、数多くの文学作品の表紙を飾る舟越桂の作品は、誰もが一度は目にしたことがあるだろう。「≒舟越桂」は、舟越桂が昨年より始めた裸像シリーズの新作の制作過程を中心に、彫刻家“舟越桂”を浮き彫りにしてゆく。「綿密な計算と偶然の調和」と「リアリズムから“舟越的リアリティ”の追求」により生まれる彼の作品は、素朴で、暖かく、優しい。また、静かに遠くを見つめている眼差しが、不可思議な魅力を宿している。様々な工夫に満ちたアトリエの創作活動、回顧展、講演会、大学の授業、広告出演と多岐にわたるフィールド、作業中につい出てくる口笛から、合間の楽しみにしているスポーツ中継…。カメラは“舟越桂”という彫刻家の姿と、彼がクスノキに命を吹き込む過程を、丁寧に撮り続ける。


解説

写真家・森山大道を被写体とした「≒森山大道」に始まった「≒(ニアイコール)」シリーズの第3弾。今回の被写体は、ヴェネツィア・ビエンナーレなどに参加し、日本のみならず海外でも高い評価を得ている彫刻家・舟越桂。クスノキを素材とした木彫の半身像に、大理石の眼。ベストセラー小説『永遠の仔』のカバー写真などで目にした人も多いはず。アトリエでの創作活動、回顧展、講演会、大学の授業など、舟越桂のさまざまな顔をカメラは映しその魅力を掬い取る。過去2作同様、今回もハンディカム1台、スタッフ1名、構成案ナシというスタイルで撮影された。


公開日2004年11月13日より
配給ビー・ビー・ビー
制作国日本 (2004)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
製作総指揮
製作
プロデューサー
撮影
編集

キャスト

俳優名役名
舟越桂舟越桂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
ジェイソン・モモアが“戦士の舞”を世界に披露!!ファン約1000人が大喚起!!『アクアマン』LA プレミア

2018.12.14

【フィンランド日本2019】「親善大使」発表会に『雪の華』橋本光二郎監督がゲスト登場!!「この映画でフィンランドに恩返しができたらと」

2018.12.14

実写映画『アラジン』日本公開日ついに決定!!!この音楽は!? 特報・ポスターも完成

2018.12.14

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
『ドクター・ストレンジ』続編が製作へ

2018.12.14

リブート版『悪魔の毒々モンスター』が製作へ

2018.12.14

『クレイジー・リッチ!』のコンスタンス・ウー、新作ラブコメ映画に出演か

2018.12.14

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『宵闇真珠』プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『宵闇真珠』プレスシート(非売品)
『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ

グッズ3名様

『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ
『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

その他5組10名様

『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP