ビハインド・ザ・サン

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1910年のブラジル。衰退の一途をたどるブレヴィス家と、隆盛の極みにあるフェレイラ家は、長年に渡り血で血を洗う土地争いを繰り返してきた。ブレヴィス家の二男トーニョ(ロドリゴ・サントロ)は、殺害された長男の復讐のため、フェレイラ家に報復に行く。そしてフェレイラ家の家長を殺害。だが、さらなる報復を呼ぶことを恐れたブレヴィス家の父親(ホセ・デュモント)は、その葬儀にトーニョを伴って参列し、休戦を申し入れる。そんなある日、トーニョの弟(ラヴィ=ラモス・ラセルダ)は、馬車に乗ってやってきたサーカスの曲芸師サルスチアーノ(ルイス=カルロス・ヴァスコンセロス)と火吹き女クララ(フラヴィア=マルコ・アントニオ)に道を聞かれる。彼はサルスチアーノに川魚のパクーという名をつけてもらった。まもなくして、トーニョはパクーを連れて、こっそりとサーカスを観に行く。トーニョはクララに一目惚れし、クララも彼に惹きつけられた。彼女への思いが高まるにつれ、トーニョの胸には終わりなき報復の虚しさがこみ上げる。そして彼はクララたちと遠くの町へ旅立った。だがトーニョは再び戻ってくる。そんな彼をクララが追いかけてきて、2人ははじめて結ばれる。しかしその間に、パクーがフェレイラ家に殺害されてしまった。すべてが終わったと悟ったトーニョは、一人家を出て海へ行くのだった。


解説

ブラジル東北部の砂地に住む2つの家族の壮絶な争いを描いた悲劇。監督・共同脚本は「セントラル・ステーション」「モーターサイクル・ダイアリーズ」のウォルター・サレス。原作はアルバニアの作家、イスマイル・カダレの小説『砕かれた四月』。撮影は「セントラル・ステーション」のウォルター・カルヴァーリョ。音楽は「セントラル・ステーション」「シティ・オブ・ゴッド」のアントニオ・ピント。編集は「セントラル・ステーション」のイザベル・ラテリー。美術も「セントラル・ステーション」のカシオ・アマランテ。出演は「ラブ・アクチュアリー」のロドリゴ・サントロ、これがデビューとなるラヴィ=ラモス・ラセルダ、「傷だらけの生涯」のホセ・デュモント、「セントラル・ステーション」のリタ・アッセマニー、「私の小さな楽園」のルイス=カルロス・ヴァスコンセロス、これがデビューとなるフラヴィア=マルコ・アントニオほか。2002年ヴェネチア国際映画祭若手審査員賞受賞。


公開日2004年11月6日より
配給ギャガ=アニープラネット
制作国ブラジル フランス スイス (2001)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン

キャスト

俳優名役名
ロドリゴ・サントロ (Rodrigo Santoro)Tonio
ラヴィ・ラモス・ラセルダ (Ravi Ramos Lacerda)Pacu
ホセ・デュモント (Jose Dumont)Father
リタ・アッセマニー (Rita Assemany)Mother
ルイス・カルロス・ヴァスコンセロス (Luiz Carlos Vasconcelos)Salustiano
フラヴィア・マルコ・アントニオ (Flavia Marco Antonio)Clara
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP