ポーリーヌ

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

知的障害をもつポーリーヌ(ドラ・ファン・デル・フルーン)は、ベルギーの小さな村で、姉のマルタと一緒に暮らしていた。ポーリーヌが愛しているのは、庭の花たちに水をやること、チョコレート・パン、地元でオペラ歌手として活躍する妹・ポーレット(アン・ペーテルセン)の経営する洋服店。そんなある日、マルタが突然倒れて死んでしまう。マルタはいつかこの日が訪れるだろうと見込んで、ポーレットともう一人の妹・セシール(ローズマリー・ベルグマンス)に遺言を残していた。“ポーリーヌと一緒に暮らし、ポーリーヌの世話をするのであれば、遺産は三等分して相続出来る”と。ポーレットは、ポーリーヌを施設に預けるつもりでいたのだが、遺産相続のために仕方なくポーリーヌと一緒に暮らすことに。ポーリーヌは、大好きなポーレットと一緒に暮らせることに大喜び。しかし、ポーリーヌの天真爛漫な言動に振り回されるポーレットの苛立ちは募るばかりだった。そんな中、ポーレットは、数日後に迫るオオペラの公演日を何よりも大事にしていた。公演当日、ポーリーヌは楽屋でポーレットの歌を聴いていたが、靴ひもがほどけているのに気がついた。自分の靴ひもを結べないポーリーヌは、ポーレットに結んでもらおうと、舞台に出てしまう。突然のポーリーヌの出現に観客は驚き会場はざわつくが、一瞬のうちに、場内は笑いに包まれる。この一件でポーレットの怒りと我慢は限界を超え、ポーリーヌを末妹のセシールの元に強引に預けてしまう。恋人と一緒にブリュッセルで暮らすセシールは、花の祭典“フラワー・カーペット”にポーリーヌを連れて行く。そしてポーリーヌの大好きな曲“花のワルツ”を奏でるオルガールも買ってくれた。しかし、セシールの同棲中の恋人アルベールは、都会的な生活をポーリーヌに乱されて不機嫌になってしまう。アルベールの不機嫌な態度を敏感に感じとったポーリーヌは、セシールに黙って家出をしてしまう……。


解説

知的障害を持つ66歳の次女ポーリーヌを世話していた長女の急死をきっかけに、彼女を引き取ることになった三女、四女とポーリーヌのやりとりをユーモアと暖かな眼差しを込めて描くヒューマン・コメディ。監督はベルギーの新鋭、リーフェン・デブローワー。


公開日2004年1月24日より
配給日活=エレファント・ピクチャー
制作国ベルギー フランス オランダ (2001)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
音楽

キャスト

俳優名役名
ドラ・ヴァン・デル・グルーエン (Dora van der Groen)Pauline
アン・ペーテルセン (Ann Petersen)Paulette
ローズマリー・ベルグマンス (Rosemarie Bergmans)Cecile
ジュリアンヌ・デ・ブロイン (Julienne De Bruyn)Martha
イドヴィグ・ステファン (Idwig Stephane)Albert
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP