10億分の1の男

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

フェデリコ(ユウセビオ・ポンセラ)はカジノで勝ち続ける客がいると、さりげなく身体に触れて相手の「運」を奪い、勝てなくすることができる。彼は幼い頃に大地震で生き埋めになっていたところをサム(マックス・フォン・シドー)に助けられ、その能力を授けられた。フェデリコ以外の人間には顔を見せないサムはカジノを経営するだけでなく、秘密の地下室で、あるゲームを行っていた。サムは自分の財産もゲームで得たものも、いずれはすべてフェデリコに与えるつもりだった。しかし、フェデリコはサムのもとから黙って出ていこうとした。するとサムが現れ、「黙って行ってしまうのか、抱擁もせず?」そう言ってフェデリコを抱きしめた。その瞬間フェデリコは、サムに与えられた「運」を奪う能力をサムによって奪われ、荒涼とした砂漠の真ん中にひとり、放り出された。7年後…。飛行機の墜落事故が起こり、乗っていた237人中たったひとり、トマス・サンス(レオナルド・スバラグリア)だけが生き残った。意識不明の彼を病院に運ぶと、服の下に大量の札束を隠しており、1ヶ月前に銀行強盗をして逃走していた男であることが判る。トマスが意識を戻すと、女刑事サラ(モニカ・ロペス)の監視下で入院させられ、恋人と写したポラロイド写真1枚だけ所持を許された。その頃フェデリコは強運な男を探しており、飛行機事故のことを知って保険のエージェントを装いトマスの病室に入りこんだ。「エースが出たら逃がしてやる」とカードを差し出すと、戸惑いながらトマスが引いたのは、ハートのエースだった。その夜フェデリコと共に病院を抜け出したトマスは、プレイすれば自由と大金を得る約束で「ゲーム」にエントリーする。参加者の条件は、強運であること。そして、現金以外のものを賭けることだった。賭けた証はポラロイド写真に記録され、第一のゲームが始まった。参加者は頭にはちみつを塗り、目隠しをしてテーブルにつく。灯りが消えると巨大な昆虫が部屋の中を飛び回り、静かになって灯りがつくと、昆虫はトマスの頭にとまっていた。こうして勝ったふたりは、スポーツカーと別荘を手に入れた。フェデリコの隙をついて、トマスは公衆電話から一緒に飛行機に乗るはずだった恋人のアナに電話した。留守電にメッセージを残し別荘に戻ると、すぐに警察が駆けつけてきた。アナの家に、警察が逆探知機を仕掛けて張り込んでいたのだ。2人は逃げたが、サラは別荘の持ち主アレハンドロ(アントニオ・デチェント)を訪れる。彼は現役時代に一度も怪我をしたことのない元闘牛士で、別荘には2人が忍び込んだように細工したが、サラに見抜かれ「ゲーム」のことを知られてしまった。サラはトマスを逮捕するため、アレハンドロの邪魔をしない約束で「ゲーム」に参加。家族全員が乗った自動車で事故に遭い、夫と子供を亡くしてひとりだけ助かった過去を持つサラには、参加資格があった。そして、第2のゲームが始まる。このゲームに勝ち抜いた者は、30年間負けたことのない世界一運のいい男サムに挑戦し、「世界一の強運」を手に入れることができるのだ。果たして勝つのはだれなのか……。


解説

大惨事を奇跡的に生き延びた者たちが、他人の“運”を奪い合う不思議なゲームに参加させられ、自らの強運を競い合う異色サスペンス。スペイン最高峰のゴヤ賞では7部門にノミネート、最優秀新人監督賞&最優秀新人男優賞を受賞。監督のフアン・カルロス・フレスナディージョはヴァラエティ誌による2003年度の『将来を注目すべき10人の監督』に選ばれた。


公開日2003年9月20日より
配給日本ヘラルド映画=ロックワークス
制作国スペイン (2001)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
編集
衣装デザイン
メイクアップ
音声編集
キャスティング

キャスト

俳優名役名
レオナルド・スバラグリア (Leonardo Sbaraglia)Tomas
エウセビオ・ポンセーラ (Eusebio Poncela)Federico
モニカ・ロペス (Monica Lopez)Sara
アントニオ・デチェント (Antonio Dechent)Alejandro
マックス・フォン・シドー (Max Von Sydow)Sam
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP