世界の中心で、愛をさけぶ

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

婚約者である律子が、引っ越しの荷物の中から偶然見つけた1の古いカセットテープを持って、突然失踪した。彼女の行き先が自分の故郷・四国の木庭子町であることを知った朔太郎は、彼女の後を追って故郷へと向かうが、そこで彼は高校時代のある記憶を辿り始める。それは、初恋の人・亜紀と育んだ淡い恋の想い出。しかし、その亜紀はやがて白血病で倒れ、辛い闘病生活を強いられてしまう。そして、次第に弱っていく彼女を見て、自分の無力さを嘆くしかない朔太郎は、彼女の憧れの地であるオーストラリアへの旅行を決行するのだが、折からの台風に足止めをくらいふたりの願いは叶わず、空港で倒れた亜紀は、その後、還らぬ人となるのだった……。そんなふたりの関係に、実は律子が関わっていた。入院中、朔太郎と亜紀はカセットテープによる交換日記のやり取りをしていたのだが、その受け渡しを手伝っていたのが、亜紀と同じ病院に母親が入院していたまだ小学生の律子で、彼女の失踪もそれを自身で確かめる為だったのである。果たして、亜紀の死やテープを届けていた相手が現在の恋人である朔太郎であったことを知った律子は、自らも事故に遭ったせいで渡せなかった“最後のテープ”を迎えに来た朔太郎に渡す。それから数日後、約束の地・オーストラリアへと向かった朔太郎と律子は、最後のテープに録音されていた亜紀の遺志を叶えるべく、彼女の遺灰を風に飛ばした。


解説

高校時代に死別した恋人との想い出を引きずり続ける青年が、過去を辿る旅を経て、やがて現在の恋人と共に生きていこうとする姿を描いた恋愛ドラマ。監督は「きょうのできごと a day on the planet」の行定勲。片山恭一による同名小説を基に、「ユーリ」の坂元裕二と「Seventh Anniversary」の伊藤ちひろ、行定監督が共同で脚色。撮影を「hana & alice 〈花とアリス〉」の篠田昇が担当している。主演は、「hana & alice 〈花とアリス〉」の大沢たかおと「伝説のワニ ジェイク」の柴咲コウ、「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の長澤まさみ、映画初出演の森山未來。


公開日2004年5月8日より
配給東宝
制作国日本 (2004)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


キャスト

俳優名役名
大沢たかお (Takao Osawa)松本朔太郎
柴咲コウ (Ko Shibasaki)藤村律子
長澤まさみ (Nagasawa Masami)広瀬亜紀(アキ)
森山未來 (Mirai Moriyama)高校生の朔太郎(サク)
山崎努 (Tsutomu Yamazaki)重蔵(重じい)
宮藤官九郎 (Kankuro Kudo)大木龍之介
津田寛治 (Kanji Tsuda)ジョニー
高橋一生 (Issei Takahashi)高校時代の龍之介(リュウ)
菅野莉央少女・律子
杉本哲太 (Tetta Sugimoto)アキの父
天海祐希 (Amami Yuki)出井
木内みどり松本綾子
森田芳光 (Yoshimitsu Morita)映画監督
田中美里 (Tanaka Misato)律子の母
渡辺美里「ミッドナイト・ウェーブ」DJ
古畑勝隆高校時代のジョニー
松田一沙中川悠子
内野謙太学級委員
西原亜季学級委員
宮崎将川野
川口真理恵女子
松本真衣香女子
寺崎ゆか女子
マギー電気店店員
中村方隆村長
岡村洋一葬儀司会者
岡元夕紀子空港の係員
大森南朋 (Nao Omori)空港の係員
野口雅弘空港の客
尾野真千子 (Ono Machiko)松本千恵子(過去)
市川しんぺー写真館の男
山崎えり松本千恵子(現在)
浅野麻衣子看護婦
飯塚園子看護婦
堀北真希 (Horikita Maki)國村晴子校長(20才)
津村優月赤ん坊
マーク・ソンダース (Mark Saunders)アボリジニ兄弟
マイケルロングボトム (Michael Longbottom)アボリジニ兄弟
チャーリー・ブラウン (Charlie Brown)アボリジニ兄弟
近藤芳正 (Yoshimasa Kondo)蜷川先生
草村礼子國村晴子校長
ダンディ坂野英語教師
長野里美アキの母
谷津勲商店の老人
高橋浩由テレビの記者
横川昌美レポーター
斎藤哲也アナウンサー
小林麻耶アナウンサー
樋口佳菜子
鎌田忠雄
本山良宗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP