春怨

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

吉例の都踊りが近づいて祇園は活気づいていた。待合園八の一人娘で舞子で出ているその子もその稽古にいそしんでいたが、母のお玉の旦那でその子の父になる有村が事業に失敗し、妻に死なれて、鏡子と春美の二人の娘を連れて園八へ同居することになった。姉娘の鏡子は青年実業家村越と結婚してさっさと家を出て行ったが、妹の春美はその子母娘を軽蔑しながら、我ままいっぱいにふるまっていた。その子は都踊りの出演をあきらめ、その費用で、春美のために洋裁店を買うことに同意するが、春美の勝手なふるまいに、さすがに腹をすえかねて、春美が実は有村の子供でなく、有村の妻と三味線の師匠錦屋との間に出来た不義の子であることをぶちまけてしまった。春美はその日から家出してしまった。お玉をはじめ、一家の者が行方を訪ねてまわったが、春美の消息はわからなかった。やがて都踊りの幕がきっておとされた。その初日、その子が舞台に出て幕の開くのを待っているとき、舞台の袖へ春美が姿を見せた。「済んだら家へ一緒に帰って今までのこと許して」という春美の言葉に、その子は眼に涙を浮かべてうなずきかえすのだった。


解説

製作はマキノ光雄、脚本を「エノケンの豪傑一代男」の井上金太郎と「お艶殺し」の依田義賢が書き、「ジルバの鉄」の小杉勇が監督に当たっている。主な出演者は、小杉勇に、「鉄の爪」の喜多川千鶴、「若い娘たち(1951)」の杉葉子に若山セツ子、「風にそよぐ葦 前編」「風にそよぐ葦 後編」の坪内美子、「君と行くアメリカ航路」の灰田勝彦などが出ている。


公開日1951年4月21日より
配給東映
制作国日本 (1951)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
小杉勇有村庄兵衛
坪内美子お玉
喜多川千鶴鏡子
杉葉子春美
若山セツ子 (Setsuko Wakayama)春美の子
灰田勝彦村越宏之
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)錦屋
上田吉二郎ブーさん
高見麗子お千代
浜恵子三玉
丸山英子麗子
有馬宏治検番の役員
高松錦之助電話をかける男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
ピーター・ジャクソンが大絶賛!豪華フレッシュキャスト&ベテランスタッフ陣大集結!サンパウロコミコンにはピーター・ジャクソンと監督が生中継で登場!『移動都市/モータル・エンジン』LAプレミア

2018.12.10

元祖リケ女はメアリー・シェリー!?「フランケンシュタイン」誕生のきっかけとなる本編映像解禁!『メアリーの総て』

2018.12.10

映画界のヒーローと声優界のヒーローが集結!!宮野真守・小野賢章・悠木碧『スパイダーマン:スパイダーバース』声優参戦決定!!異なる次元で活躍するスパイダーマンが一同に!

2018.12.07

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
第76回ゴールデン・グローブ賞、『VICE』が最多ノミネート

2018.12.10

『101匹わんちゃん』クルエラ実写映画、80年代パンク風に?

2018.12.10

来年度のゴールデン・グローブ賞の司会が決定!

2018.12.10

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『宵闇真珠』プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『宵闇真珠』プレスシート(非売品)
『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ

グッズ3名様

『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ
『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

その他5組10名様

『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP