晴れ姿勢揃い 剣侠五人男

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸中は、長崎奉行大野丹波守の計らいで江戸城に招かれる豪商唐人屋のお大尽ぶりが評判だった。その唐人屋が虎ヒゲの露払いも物々しく浅草にさしかかった。と、虎ヒゲと遊び人風の与吉の間に掴み合いが始まった。仲裁に三平太、目明し閂の為八、人入れ稼業仏の文七が加わった。が、唐人屋をかいま見た与吉はなぜか逃げ出した。北町奉行遠山金四郎は、唐人屋と丹波守の背後に何かあると睨み、為八に内状をさぐらせた。唐人屋では文七身内から三平太まで傭い入れ、厳重に屋敷を守らせた上、丹波守を招いて酒池肉林の大散財。そのさ中、二人の曲者が飛びこんだ。一人は与吉、一人は文七の妹お糸が思いを寄せている源太郎だった。源太郎の話はこうだ。五年前長崎で与力をしていた源太郎の父は、不正の暴露を恐れた当時長崎奉行控え室の丹波守と、競争相手の丹波屋を潰す魂胆の唐人屋のために、長崎屋と密貿易を働いたという罪で切腹を命じられた。その恨みに一太刀なりともと唐人屋に斬りこんだのだという。悪事の唯一の生証人船頭太市は、頭に刀傷を残して行方知れなかった。その頃、浅草奥山では中国劇が人気を呼んでいた。これをのぞいた三平太は、投げ剣の唐人娘英蘭がお糸とそっくりなのに驚いた。源太郎は為八の手引きで、捕えられていた与吉こと太市と再会した。三平太から英蘭のことを聞いた為八は、お糸と英蘭を会わそうと図った。が、英蘭は唐人屋の番頭に倒された。英蘭は源太郎が死んだと思っていた実の妹お雪だった。為八はお雪が残した唐人屋悪事の証拠を彼らにたたきつけた。源太郎、与吉、三平太、そして金四郎らが飛びこんだ。源太郎唐人屋を斬り、大野も捕えられ、事件は落着した。数日後、源太郎はお糸と結ばれ長崎へ向った。


解説

「風来物語 あばれ飛車」の渡辺邦男と「大学の暴れん坊」の高岩肇の共同脚本を、渡辺邦男が監督した娯楽時代劇。撮影も「風来物語 あばれ飛車」の渡辺孝。


公開日1959年12月27日より
配給松竹
制作国日本 (1959)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
高田浩吉閂の為八
伴淳三郎轟三平太
近衛十四郎仏の文七
花菱アチャコ虎髯の八
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)浅香源太郎
北上弥太朗河童の与吉
森美樹遠山金四郎
瑳峨三智子お糸
瑳峨三智子英蘭
宇治みさ子お柳
宮城千賀子 (Chikako Miyagi)おこま
高山裕子芸者屋の女将
田崎潤 (Jun Tazaki)唐人屋惣兵衛
山茶花究弥助
石黒達也大野丹波守
海江田譲二中川美濃守
市川男女之助奥山主膳太夫
名和宏戸田下総守
大東弘明南町奉行鳥居
乃木年雄典医玄斎
清水元晩竜軒
山路義人中川家の家老
宮嶋安芸男唐人屋番頭
サトウ・サブロー唐人屋門番
簑和田敏下っ引
西村公恵萩乃
天野匁一用心棒
光妙寺三郎用心棒
高瀬進支那一座の男
曽呂利祐平支那一座の男
本郷秀雄支那の男
桧敦子支那の女
里見和江支那の女
美村京子支那の女
二葉和子支那の女
中田耕二呼込み
笹川富士夫牢役人
片岡市女蔵文七の乾分吉三
春日昇乾分
佐藤賢乾分
丘武史乾分
林健二与力田辺
田中謙三大野の家臣
小川省三大野の家臣
永井邦近大野の家臣
生方功唐人屋用心棒
松田繁一郎唐人屋用心棒
滝祐児唐人屋用心棒
成田舟一郎唐人屋用心棒
水上杢太郎長屋の住人
立花宏二長屋の住人
岩田和子長屋の住人
鈴木房子長屋の住人
早苗由香唐人座女中
佐々木京子唐人座女中
吾妻道代芸者
松井康子芸者
林佐代子芸者
弥生慶子芸者
山口京子芸者
片岡弘子芸者
大和久乃老女
夏木恵梨腰元
永井三津枝腰元
北川昌枝腰元
宮武要茶坊主珍念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP