花の幡随院

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

旗本無頼水野十郎左衛門を頭目とする白柄組と、町奴幡随院長兵衛の一家が対立していた。長兵衛一家の食客となった白井権八は、長兵衛の乾分極楽十三と一夜吉原に遊んだ。権八は、白柄組の座敷に吉原一の花魁小紫がいることを知ると、小紫は自分といい交した仲だと名のり「俺は長兵衛一家の厄介者」だと見栄をきった。白柄組は幡随院と聞くやいきり立ち乱闘となった。十三は、あやまって水野の仲間惣平を斬った。十三は五十日の牢入りとなった。その頃、権八を仇と狙う本圧助七、助八兄弟が、水野の食客となっていた。水野らは、本庄兄弟を利用し、権八を討つと同時に長兵衛をも陥れようとした。が、長兵衛にあしらわれた。牢から出た十三を再び囮とした水野は、長兵衛に「権八と引換えに十三を返す」と言って来た。権八は単身水野の邸へ出掛けようとしたが、長兵衛に止められた。俺一人で行けば旗本奴に傷がつきこそすれ町奴には咎めがないはずだと言い、長兵衛は水野の邸へ行った。そして、十三の身柄を貰い受けた後、水野の奸計と知りつつ湯殿で覚悟の死をとげた。水野を始め白柄組に死を賜わるという将軍の沙汰があった。助七助八兄弟も、権八が刀を捨てるというので、大小を捨てた。十三は、自分が殺した惣平の妹お葉と結ばれ、江戸の守り本尊となるべく努力することを誓った。


解説

陣出達朗の原作を、「姫夜叉行状記」の鈴木兵吾と「荒海に挑む男一匹 紀の国屋文左衛門」の共同執筆者・本山大生が脚色した、幡随院長兵衛の生涯を描いた娯楽時代劇。「修羅桜」の大曽根辰保が監督し、「待っていた花嫁」の石本秀雄が撮影した。


公開日1959年9月13日より
配給松竹
制作国日本 (1959)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
初代松本白鸚幡随院長兵衛
山田五十鈴 (Isuzu Yamada)女房阿金
伊藤茂信伜伊太郎
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)白井権八
瑳峨三智子花魁小紫
北上弥太朗極楽十三
石黒達也唐犬権兵衛
永田光男夢の市郎兵衛
大友富右衛門放れ駒四郎兵衛
宮坊太郎小仏小平
森美樹水野十郎左衛門
有沢正子お志乃
名和宏近藤登之助
山路義人加賀爪甲斐守
天王寺虎之助坂部三十郎
須賀不二男青山播磨
天野刄一阿部四郎五郎
中田耕二渡辺綱右衛門
戸上城太郎金時金兵衛
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)本庄助太夫
小笠原省吾本庄助七
松本錦四郎本庄助八
中村玉緒 (Nakamura Tamao)本庄香奈重
大木実松平伊豆守
近衛十四郎石谷将監
河野秋武梵字屋杢蔵
青山宏丑松
中山昭二惣平
高千穂ひづる妹お葉
井上晴夫塩見左門
岡田和子塩見妻女
花ノ本寿塩見民之助
花菱アチャコ商人丸形屋
堺駿二幇間志ン八
伴淳三郎香六
野沢英一信徒総代
乃木年雄信徒総代
高見孝三郎信徒総代
田中謙三奉行所役人
滝祐児三浦屋男衆
林彰太郎三浦屋男衆
富本民平お大尽
光妙寺三郎お大尽
大和久乃新富屋の仲居
田村高廣 (Takahiro Tamura)上使
高屋ほがら幇間
小川省三水野の小姓
池田恒夫建部監物
松原広二柳川丹後
安田昌平稲葉一馬
小宮山鉄朗久世帯刀
永井邦近滝田十郎兵衛
浅岡襄剣持兵馬
市川男女之助幡随院の乾分
森八郎幡随院の乾分
大川二三夫幡随院の乾分
大下耕二幡随院の乾分
笹川富士夫幡随院の乾分
片岡市女蔵幡随院の乾分
川本治正幡随院の乾分
小田草之助幡随院の乾分
宮武要幡随院の乾分
簑和田敏幡随院の乾分
川田浩三幡随院の乾分
宮嶋安芸男幡随院の乾分
夏木恵梨花魁
永井三津子花魁
北川昌枝花魁
西村公子花魁
丈ちづる花魁
伏見恵子花魁
滝川美津枝仲居
鈴木房子仲居
松本敦子仲居
山野エミ長兵衛の女中
大塚アツミ長兵衛の女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP