忠臣蔵 暁の陣太鼓

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

中山安兵衛は江戸八丁堀の貧乏長屋に「けんか指南所」の看板を掲げた。異名を“のんだくれ安”という。男ぎらいで通る女髪結いのお勝が安兵衛に惚れた。−−安兵衛の叔父・菅野六郎右衛門が剣客中津川祐範・村上兄弟らに斬られた。御前試合に勝ったのを恨まれたのである。知らせで安兵衛がかけつけたときはすでに遅かった。その場で、安兵衛は叔父の仇を討った。彼の人気が江戸中にたかまった。仇討のとき、浅野家の堀部弥兵街の娘・お妙が自分のシゴキを安兵衛に貸した。お勝の大敵が現れたというわけだ。さんざんもめた末「二本差しなぞ大きらいさ」お勝は身を引き、髪結いを廃業し、女侠客となった。名も三日月お勝と改め、江戸で名高い剣客俵星玄蕃の門をたたいた。元祿十四年、浅野家はお家断絶となった。吉良家では赤穂浪士の復讐をおそれ、剣客をしきりにやといいれた。玄蕃にも頼みこんできた。しかし、彼は断った。−−いつまでたっても、仇討ちの気配はなかった。赤穂浪士は腰抜けとののしられるようになった。安兵衛は浪人して八百屋になっていた。お勝は彼と再会し、気が気でなかった。「安兵衛を信じてやれ」と玄蕃はいった。元祿十五年、十二月十四日、暁の陣太鼓が鳴り響いた。四十七士の討入り。引揚げの行列の中に、お勝はたしかに安兵衛の姿を見た。熱いものが胸元にこみ上げてきた。


解説

中沢信・田辺朝巳の脚本を、「七人若衆大いに売り出す」の倉橋良介が監督した義士外伝ものがたり。撮影も「七人若衆大いに売り出す」の広田彰三。音楽は「弁天小僧」(大映)の斎藤一郎。「花は嘆かず(1958)」の森美樹、「妻恋道中」の瑳峨三智子に、関西歌舞伎から市川寿海・坂東簑助・中村富十郎・実川延二郎らが加わる。


公開日1958年12月21日より
配給松竹
制作国日本 (1958)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
森美樹中山安兵衛
瑳峨三智子三日月お勝
近衛十四郎俵星玄蕃
河野秋武堀部弥兵衛
川口のぶお幸
山鳩くるみお百
町田祥子お君
本郷秀雄三吉
浅茅しのぶお常
三好栄子おかん
森八郎留さん
明石潮菅野六郎左衛門
万代峰子世津
田中敬介佐平次
大邦一公村上庄左衛門
戸上城太郎村上三郎兵衛
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)中津川祐範
北原隆溝口信濃守
香川良介藤井瀬左衛門
永田光男中川主膳
片岡市女蔵田中源六
佐乃美子お妙
市川寿海大石内蔵之助
八代目坂東三津五郎 (Bando Mitsugoro VIII)不破数右衛門
中村富十 赤垣源蔵
実川延二郎武林唯七
嵐吉三郎原惣右衛門
尾上菊次郎神崎与五郎
林又一郎吉田忠左衛門
名和宏和久半太夫
林与一大石主税
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP