別れの波止場

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

加須谷耕次は愛人加津子に裏切られたと信じ、年老いて故郷にのこる母の写真を懐に、港町でヤクザの生活を送っていたが、××海運の船長福田の父親に似た愛情のもとに、ヤクザから足を洗って一人前の船乗りになった。ところが加津子は、父によって軟禁され、耕次と会うことができなかったのである。ところが或夜、港町の酒場で二人は再会、さらに愛情を深めるのだった。ところが福田は過去一度の誤ちから昔の仲間前川等に脅迫され、密輸船のカジを握らざるを得なくなる。耕次は前川一味の本拠に乗り込み、福田の代りを買って出た。その夜は加津子と共に故郷の母を訪れる約束だったが、彼は前川を訪ね、そこで福田と鉢合った。福田は耕次をかばうが、福田を邪魔者と見た前川のピストルに耕次の正義がよみがえり、闘争の末福田は傷つくのだった。案じる耕次に福田は、耕次の母お筆こそ自分が初恋の人であると伝え、無事逃げることをすすめる。だが、前川一味は彼等を包囲し、危険が追っていた。丁度その時、沖仲仕となって密輸団をさぐっていた刑事の連絡によって警官隊が殺到、大乱闘となる。かくて一味は捕えられるが、耕次も関係ある参考人として連行された。かけつけた加津子に、彼は「お母さんをたのむ」と一言言い残し、やがて愛の生活の営まれる日を心に描きながら、たち去るのであった。


解説

新井一のオリジナル・シナリオを「へそくり親爺」の山崎裕理が監督、「強情親爺とピンボケ息子」の西前弘が撮影した歌謡映画。主演は春日八郎に、「どん底」の藤木悠、それに夏亜矢子、北川町子。そのほか山茶花究、万代峯子、由利徹など。


公開日1958年2月26日より
配給東宝
制作国日本 (1958)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督

キャスト

俳優名役名
春日八郎加須谷耕次
山茶花究福田康介
由理徹徹(福田の社員)
南利明健(福田の社員)
藤木悠直木誠二
北川町子 (Machiko Kitagawa)加津子
夏亜矢子加津子の妹秋子
瀬川恭助加津子の父剛平
早川恭二秘書
花和幸助親分前川
小原新二親分の乾分寅吉
平原小夜美キャバレーの女
桜井園子キャバレーの女
万代峯子酒場のマダム
上田節子酒場の女
吉川雅恵のみ屋の女
志茂山剛のみ屋の客
石田茂樹社員
桧功沖仲仕
泉高志ボーイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP