旗本退屈男 謎の蛇姫屋敷

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

三日月傷の御殿様と呼ばれる直参旗本早乙女主水之介は退屈していた。何も事件が起きなかったから。そこへ、女掏摸お柳が大老柳沢美濃守の家臣の刀を奪って逃げこんできた。彼女は旗本立花家のゆかりの者で、大老柳沢が立花家の家宝の、家康から拝領したという旗差物を、立花兄妹が若いのにつけこみ、取り上げたまま返さぬという。その腹いせに刀を奪ったのだと。吉原の夜桜見物の席で、柳沢一行に斬りかかった立花兄妹を、退屈男は助けだし、歌舞伎葛城太夫の一座に預けた。柳沢は、退屈男を長崎奉行に推挙し、江戸から遠ざけようとした。退屈男は、そのことで旗差物に余程の秘密があると睨んだばかりだった。退屈男は夜道を十数名の刺客に襲われた。その首領の刀さばきから、梅村道場に目をつけ、妹菊路を女中に住みこませ、探らせた。立花兄弟は太夫のもとから、柳沢一味に連れ去られ、旗差物の秘密を問い責められた。オランダ商人の将軍家拝閲の折、柳沢はギヤマンの板のカラクリを知り、手下を長崎に向わせた。退屈男はすべてを見抜いた。旗差物の絵模様は赤いギヤマンの板を透せば、家康の残した巨万の財宝の隠し場所の地図となること、柳沢が徳川を恨む大久保家の残党梅村一味と図って天下を取ろうとしていることなど。さらに、柳沢が新築中の安芸の宮嶋の別邸に、綱吉を招き、コブラの猛毒で殺害するつもりでいることも。退屈男はお柳に命じ、長崎へ旅立たせ、赤いギヤマンを先に買わせると共に、みずからも西へ向った。小姓京弥は捕った菊路と立花兄妹の救出を計ったが、失敗した。菊路らはオランダ商船の船底に積みこまれた。柳沢の買いこむ洋式大砲の代償となるはずだ。新築落成の日がきた。葛城太夫一座の歌舞伎を観る綱吉を、例のコブラが狙った。舞子の一人、退屈男は小柄を投げ、蛇を寸前に殺した。いぶかる綱吉に、退屈男は柳沢の買う大砲の絵図面を示した。動かぬ証拠。菊路らは京弥に救われ、柳沢らは捕り、事件は落着した。


解説

佐々木味津三の原作による、おなじみ旗本退屈男の一話。「すっ飛び五十三次」の鈴木兵吾と「富士に立つ影」の佐々木康の共同脚本を佐々木康が監督、同じく伊藤武夫が撮影した。主演は、「富士に立つ影」の市川右太衛門、「はやぶさ奉行」の花柳小菊、「朝晴れ鷹」の大川恵子、「赤穂義士(1957)」の尾上鯉之助、丘さとみ。それに勝浦千浪、テレビ・スター山東昭子。色彩はイーストマン東映カラー。


公開日1957年12月28日より
配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


キャスト

俳優名役名
市川右太衛門早乙女主水之介
北大路欣也 (Kinya Kitaoji)露島京弥
山東昭子 (Akiko Santou)菊路
堺駿二丸目喜内
渡辺篤左官の千太
星十郎大工の亀吉
月形龍之介松平左近将監
丘さとみお妙
花柳小菊やらずのお柳
勝浦千浪葛城太夫
岩井半四郎立花新吉
大川恵子立花浅茅
山形勲柳沢美濃守
伊東亮英藤川周防守
中野雅晴岡田土佐守
沢田清阪井丹波守
青柳竜太郎 (Ryutaro Aoyagi)堀能登守
有馬宏治内藤三太夫
長島隆一吉川弘之進
百々木直薮田重守
山口勇山坂五郎太
上代悠司上林市郎右衛門
国一太郎石沢軍太夫
小田部通麿川浪軍蔵
吉田義夫柄戸仙十郎
加賀邦男梅林多門
水野浩安藤主膳
清川荘司坂巻甚内
月形哲之介小関半蔵
浅野光男尾畑一角
尾上鯉之助綱吉
荒木忍京極備中守
堀正夫亀井若狭守
丘郁夫相良大和守
霧島八千代薄雪太夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP