清水港喧嘩旅

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

信州追分の三五郎は次郎長の盃を貰おうと、清水港へ旅する途中、三人の渡世人に別々に喧嘩をふっかけた。約束の場所で三人は清水一家の枡川仙右衛門、法印の大五郎、大野の鶴吉と判った。その時、イカサマ賭博を見破られた青柳一家が仙右衛門に意趣晴しにやってきた。三五郎は助人を買って出、三人から兄弟分の盃を受けた。仙右衛門の叔父、金谷の宿の渡し人足の元締倉造の家に四人が着いた時、倉造は強欲な相模屋伊平次の横車に困らされていた。仙右衛門の許婚、倉造の娘お葉からその話を聞いた三五郎は伊平次一家へ乗り込み、大見得切って引揚げた。仙右衛門が三五郎から一部始終を開いて、郡代のもとへ向った倉造の後を追ったが、すでに叔父は殺されていた。余計なことをしたばかりに大事となったと兄弟分の縁を切られた三五郎は、伊平次一家へ殴りこんだが、逆に簀巻きにされて川へ投げこまれた。それを助けたのが、女やくざで手裏剣の名手お加代だった。仙右衛門は兄弟分の手を借りず、一人で仇討をしようと決意し、彼らを先に旅立たせた。が、鶴吉は心配して帰ってき、二人で伊平次一家へ向おうとした時、三五郎が現れ一緒に行かせてくれと頼んだ。断わられた三五郎は仇の居所を教え、更に一計を案じ、清水の廿八人衆が助太刀に来ると町をふれ廻った。伊平次の兄貴分隈取の三右衛門は、祭礼に集った貸元衆に助人を頼んだ。三五郎は祭の勧進元焼津の喜兵衛を説き、自分の命と引き換えに貸元衆に手を引かせることに成功した。喜兵衛の情けで三五郎は二人の許へ駈けつけ仇討ちに加わった。乱戦。三人が不利になった時、法印が現われ名乗りを上げた。清水廿八人衆の到着か? 隈取一家は浮足立ち、仙右衛門は首尾よく仇を討つことができた。−−秋晴れの東海道を、仇討に陰ながら助力したお加代が三五郎の唄声を追って行った。


解説

「鬼火駕篭」の企画者、浅井昭三郎の原案を「森の石松(1957)」の松村正温が脚本化、「信号は赤だ」の渡辺実が監督した股旅もの。撮影は「稲妻街道」の本多省三。主演は「不知火頭巾」の勝新太郎、三田登喜子、「森の石松(1957)」の小野道子、春風すみれなど。


公開日1957年12月8日より
配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原案
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)追分の三五郎
小野道子お加代
三田登喜子お葉
千葉敏郎法印の大五郎
春風すみれお光
月田昌也大野の鶴吉
小堀明男枡川仙右衛門
羅門光三郎相模屋伊平次
寺島雄作隈取の三右衛門
荒木忍焼津の喜兵衛
伊達三郎 (Saburo Date)牛島伝八郎
上田寛常安
清水元箔屋町の倉造
原聖四郎青柳の甚兵衛
東良之助江田尻の半兵衛
天野一郎五助
玉置一恵岬の勝蔵
芝田総二魚松の親爺
小林加奈枝茶店の婆
金剛麗子居酒屋の女将
岩田正熊吉
三浦志郎円造
石倉英治船頭
越川一居酒屋の客一
滝川潔居酒屋の客二
志賀明半吉
河田好太郎小手丑
大国八郎友三
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP