鳴門秘帖(1957)

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

徳川十代将軍家治の頃−−全国外様大名の間には反幕の動きがあるとの風聞に幕府は監視を怠らなかった。弦之亟は虚無僧姿に身を装う幕府の隠密で無双流の使い手。阿波藩の動静をさぐるため身を寄せた寺で、山牢に幽閉された同じ幕府の隠密世阿弥の娘お綱に会い、世阿弥の生死の確認に協力を誓った。この弦之亟を追うのが、極心一刀流の剣士で無双流に勝負をいどむ戌亥竜太郎と、弦之亟を父の仇と狙うよねの二人。お綱は山奉行の道場に忍んで山絵図を盗み、それを頼りに父が幽閉されているという剣山に登った。急を知った弦之亟は後を追ったが、警固の一群に囲まれ目つぶしをくって谷間に転落した。そのため、お綱に救われたが目が見えなくなってしまった。閻魔堂で静養中の弦之亟のもとに竜太郎がやって来たが、目の見えぬことを知り後日に試合を約した。一方よねは、腕自慢の父が酒に酔って自分から弦之亟に仕向けた果し合いに敗れたのではないかと思うようになっていた。そのよねが阿波侍に追われ危険が迫った時、縁の下から彼女を呼んでかくまってくれたのが脱牢していた世阿弥だった。世阿弥は血書をよねに託し、よねと入れ違いに駈けつけたお綱をひと目みて息絶えた。よねが捕って詮議の最中、目の回復した弦之亟が現れて一大乱闘となった。しかし肩口を斬られたよねは血書のありかを弦之亟に告げて絶命した。よねを探し求めていたお綱が弦之亟から血書を受け取ることができ喜んだのも束の間、そこへ竜太郎が現われ弦之亟に試合をいどんだ。激しい剣の応酬の後、竜太郎の元結、弦之亟の袈裟が破れて勝負は終った。「鳴門を越せば徒らに天下を騒がす因となる。どうも気違い殿が描いた昔の夢……」弦之亟は血書を破りつづけるのだった。


解説

大正十五年、大阪毎日新聞に連載された吉川英治の原作『鳴門秘帖』はこれまで度々映画化され、戦後も同じ大映が「甲賀屋敷」として長谷川一夫、山田五十鈴主演、衣笠貞之助監督で撮っているが今回も同じ衣笠貞之助が監督している。脚本は「稲妻街道」でコンビの衣笠と犬塚稔が書き、「大阪物語」の杉山公平が撮影した。主演は「銭形平次捕物控 女狐屋敷」の長谷川一夫。「稲妻街道」の市川雷蔵、「真昼の対決」の山本富士子「夕凪」の淡島千景、「赤銅鈴之助 新月塔の妖鬼」の林成年。色彩は大映カラー。


公開日1957年9月29日より
配給大映
制作国日本 (1957)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫法月弦之亟
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)戌亥竜太郎
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)猪谷よね
淡島千景 (Chikage Awashima)見返りお綱
林成年若党森平(猪谷家の若党)
千葉敏郎内裏大五郎(徳島藩士)
南左斗子お福(巫女)
中村伸郎阿波守重喜(徳島城城主)
清水将夫竹屋三位有位(公卿)
松本克平関屋孫兵衛(徳島藩山奉行)
信欣三酒井三右衛門(徳島藩江戸詰藩士)
滝沢修 (Osamu Takizawa)脇伊豆(徳島藩家老)
杉山昌三九天堂一角(徳島藩士)
伊沢一郎大沢兵部(幕府の隠密)
石黒達也甲賀世阿弥(お綱の父)
細川俊夫山添東十郎(徳島藩士)
小柴幹治 (Kanji Koshiba)森啓之助(徳島藩士)
沢村宗之助武知宗五郎(竜耳軒配下)
香川良介戌亥竜耳軒(竜太郎の父)
荒木忍松見武右衛門(徳島藩勘定役)
南条新太郎九鬼弥助(徳島藩士)
原聖四郎須賀市雷(徳島藩士)
伊達三郎 (Saburo Date)津坂(徳島藩士年配の侍)
高倉一郎大村長年(徳島藩士)
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)右流(神官)
横山文彦野上左門(徳島藩重臣)
玉置一恵鯔木三郎次(徳島藩納戸役)
阪東寿之助大谷俊作(徳島藩士)
石原須磨男仲間権六
藤川準土門哲也(徳島藩士)
堀北幸夫依宮惣吾(徳島藩士)
菊野昌代士石部郷右衛門(徳島藩士)
越川一石部久七
大国八郎石部権八
沖時男山役人村上
郷登志彦磯野玄蕃(徳島藩士)
清水紘治 (Koji Shimizu)喜丸(重喜の嫡子)
市川恵美鶴姫(重喜息女)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP