強情親爺とピンボケ息子

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

しげ子の吹き込んだレコードは仲々好評で、金五郎もこのところ仲々のご機嫌。だがある日いつものように甘納豆屋の源さんとのヘボ将棋に勝ち、義太夫を唸りながら意気揚々と家へ帰って来ると、つい先程食逃げがあって警察へ突出したが、その老人こそ昔この辺の大店阿波屋の旦那らしいという。戦後税金のかたに土地を没収されて無一文になり、以来行方不明になっていたのだ。かつて阿波屋に大変世話になった金五郎は、慌てて警察に飛んで行き店に連れ帰った。そして、町内で昔世話になったものたちの貯金を集めて空地に阿波屋の家を再建することに、みんなで決めた。ところが、この空地を悪徳区会議員ニコポン堂が狙っていた。彼は何も訳を知らないジミー・カーチスという外国人をそそのかしてジミーの名義で土地を買わせ、キャバレーやホテルを建て、一もうけしようと企み、作業員たちを空地にやってそこにあるブランコやスベリ台をこわし始めた。これを知って金五郎は町内一同を引連れるとその空地に坐り込みを始めた。そんな時、しげ子の恋人牧野が金五郎を訪れしげ子と結婚させてくれと頼んだが、金五郎は大切な娘をそう簡単にやれぬと突ぱねた。そこでしげ子と牧野は許しが出るまでと金五郎の前に坐り込みを始めた。そのうちに空地も白々と夜が明けて来た。金五郎は正座したまま動かぬ二人の真剣さにとうとう根負けして、二人の仲を許してしまった。偶然、翌朝牧野とジミーが学校時代同期だったので、訳を聞いたジミーはあっさりニコポン堂との契約を断り、すっかりしょげるこコポン堂を尻目に、その空地を阿波屋に譲り渡すことにした。万事めでたし、めでたしの中に、ダイ吉、ハツ助の車に大きな荷物を乗せ、嬉し気に新婚旅行に出掛けるしげ子と牧野の姿が見られた。


解説

「強情親爺とドレミハ娘」の続篇。スタッフは前作と同じく配役も前記三人を追加、三太与太者、田貫(土建屋)の三人を除いて全く同じ。当初のタイトルは「強情親爺とウェット息子」。


公開日1957年7月9日より
配給東宝
制作国日本 (1957)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督

キャスト

俳優名役名
柳家金語楼金五郎(寿司金)
ペギー葉山しげ子(娘)
有島一郎サブちゃん(出前)
若水ヤエ子町子(女中)
森光子 (Mori Mitsuko)お清(女地主)
小原新二牧野(しげ子の恋人)
海老江寛源さん(豆源)
小桜京子京子(しげ子の友人)
環三千世幸子(カナリヤの女給)
中田ダイマルダイ吉(浪花屋運送店)
中田ラケットハツ助(浪花屋運送店)
横山エンタツ依田(ニコポン堂)
湊武雄万吉(煙草屋)
大仲通弘勝助(魚勝)
大辻三郎新ちゃん(仕立屋)
鈴木淳雄吉ちゃん(三味線屋)
檜功八百屋
梅若礼三郎中華料理
吉川雅恵洋品店
川上健太郎丸山理髪店
関根永三郎隠居
花柳かつ子お染(源さんの女房)
E・H・エリック (Eric H. Eric)ジミー・カーチス
石田茂樹巡査
荒木忍阿波屋の旦那
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
映画『ボヘミアン・ラブソディ』2週連続NO.1! 胸アツ応援上映も完売続出<クイーン第三次ブーム到来>社会現象に!

2018.11.19

篠原涼子、子役からのサプライズに号泣!!「家族」が揃った『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶

2018.11.19

岸部一徳、涙堪え声震わせ木竜へエール!!『鈴木家の嘘』感動の公開記念舞台挨拶!

2018.11.19

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
アリアナ・グランデ、トレードマークのポニーテールをバッサリ!

2018.11.20

ブラッドリー・クーパー、『アリー/ スター誕生』の主演をジャック・ホワイトで考えていた!?

2018.11.19

エマ・ストーン、『女王陛下のお気に入り』でのヌードシーンを自ら志願

2018.11.17

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『インクレディブル・ファミリー』オリジナルノートブック&クリアファイルセット

グッズ2名様

『インクレディブル・ファミリー』オリジナルノートブック&クリアファイルセット
『アリー/ スター誕生』ジャパンプレミア レッドカーペットイベント招待プレゼント

その他10組20名様

『アリー/ スター誕生』ジャパンプレミア レッドカーペットイベント招待プレゼント

プレゼント一覧


TOP