喧嘩道中

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸蔵前で札差屋を営む豪商戸倉屋彦兵衛は、一人娘おたかを松平伯耆守の部屋勤めに送り込んで己れの栄華を誇ろうとした。だが、その婚礼の晩、おたかが姿を消してしまったのだから、彦作はもち論、松平江戸家老高坂も大あわて。ただ一人、戸倉屋の隠居彦右衛門だけはおたかの行先を知っていたが……おたかの行方に五百両の金がかけられた。この金目当に、おたかにまつわりつく飛脚の三吉、旅人呑みこみの金介、鳥追おかつらの一行。絡み絡みあって一行は三島の宿に来た。折しもこの宿に姿を現わしたのが草間の半次郎。彼は、三年前戸倉屋の伜彦作に身を汚されて姿を消した妹お雪を探し求めているのだ。おたかは一眼見て半次郎に惚れた。沼津の宿でまたまた出会った半次郎に、おたかは酔った揚句にしだれかかり、そのまま酔つぶれた。それを知ってか知らずか、彦作、高坂の一味がおたかを追ってきた。−−東海道を上って由井の宿。妹のお雪を捨てた男が兄彦作と半次郎に聞かされたおたかは、今はぞっこん惚れ抜いた男のために、お雪を探し求める決心。ところが、お雪は鞠子の宿の宿女郎に売られたが患いの床に明日をも知れぬ命と聞いて半次郎、おたかは素飛んだ。お雪は、彦作がなつかしいと一言いって死んでいった。そこへ、お雪が死んだと伝え聞いて、彦作が駈込んできた。一旦は手にかけた長脇差も、うなだれる彦作の姿に半次郎は一人の妹を大事にしなせえと身を引いた。その後、彦作が縁談を断ったのに、おたかは高坂の手先赤戸一味に掠われた。さっそうと半次郎が長どすを抜いた。そのまま赤戸一味を斬って捨てた。−−半次郎の粋姿にいまは晴れてのおたかの嬉し泣きが後を追った。夫婦鴉の街道筋に、とんびが高く輪をかいて。


解説

「旗本退屈男 謎の紅蓮塔」の比佐芳武のオリジナル・シナリオを「大名囃子 (前後篇)」の佐々木康が監督、「ふり袖捕物帖 ちりめん駕篭」の坪井誠が撮影した東映スコープによる股旅もの。主演は「若さま侍捕物帳 深夜の死美人」の大川橋蔵、「鞍馬天狗 角兵衛獅子(1957)」の千原しのぶ、丘さとみ、コロムビアの歌手、花村菊枝。ほかに原健策、高堂国典など。黒白。


公開日1957年5月12日より
配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
大川橋蔵草間の半次郎
千原しのぶおたか
高堂国典 (Kuninori Kodo)戸倉屋彦右衛門
伊東亮英戸倉屋彦兵衛
立松晃戸倉屋彦作
吉野登洋子おかつ
花村菊江おしん
徳大寺伸呑みこみの金介
丘さとみお雪
堀正夫高坂格之進
山口勇赤戸武兵衛
百々木直青田兵馬
富久井一朗三吉
原健策鬼の小平
阿部九洲男役者の弥吉
岡島艶子おもよ
常盤光世文字秀
千津伶子八重
梅村直次郎直八
時田一男与吉
尾上華丈 (Kajyo Onoe)長五
梅沢昇平助
中野雅晴寅吉
明智八百栄おなか
山本鳥古おせん
太田優子お花
宮島智恵子おせき
陽田重利権次
西秋節生太十
七条友里子おきみ
水野浩善兵衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
ジェイソン・モモアが“戦士の舞”を世界に披露!!ファン約1000人が大喚起!!『アクアマン』LA プレミア

2018.12.14

【フィンランド日本2019】「親善大使」発表会に『雪の華』橋本光二郎監督がゲスト登場!!「この映画でフィンランドに恩返しができたらと」

2018.12.14

実写映画『アラジン』日本公開日ついに決定!!!この音楽は!? 特報・ポスターも完成

2018.12.14

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
『ドクター・ストレンジ』続編が製作へ

2018.12.14

リブート版『悪魔の毒々モンスター』が製作へ

2018.12.14

『クレイジー・リッチ!』のコンスタンス・ウー、新作ラブコメ映画に出演か

2018.12.14

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『宵闇真珠』プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『宵闇真珠』プレスシート(非売品)
『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ

グッズ3名様

『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ
『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

その他5組10名様

『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP