りんどう鴉

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

いかさま師高崎の仁蔵を斬って草蛙をはいたりんどうの政は、道中、信州の伊那富にやってくる。折柄、名物の馬市で村娘お君に横車を押す土地の親分がんりきの為五郎の配下をこらしめる。為五郎は政の素姓を知り、馬市の売上げを奪ってその罪を政になすりつける。とは知らぬ政、子分をこらしめた折、為五郎と約した通り神社の社務所へ赴くが為五郎始め村中総出の追手を受け、逃げ場に窮してお君の馬小屋に潜む。彼を発見したお君は無実を告白する彼を、包囲から匿ってやる。探しあぐねた為五郎は、宿で政と隣部屋だった流れ芸者お銀と、逐電した夫伊太八を伜竜吉と追う鳥追い女お玉をさらって折檻。そこへ入って来た為五郎の子分は何と伊太八。彼が誤って殺したと思いこんでいる相手は存命とお玉は告げるが、女房を許してくれと頼む伊太八を為五郎は殺し、女二人を土蔵へ放り込む。殺しの現場へ通り掛った政は竜吉から次第を聞き、のぞきからくり屋のむささび勘太に偽手紙を届けさせ、それを信じた為五郎一家が総出で峠へ向ったすきに、お玉達を救い出す。口惜しがった為五郎は勘太を売上げ金盗人に擬す。勘太を救い出した政は共々旅篭桔梗屋に赴き、待ち受けた村人達に真相を説く。先刻の手傷に堪えかね「為五郎こそ真犯人だ」と絶叫して勘太は絶命。政は為五郎に果し状をつきつけ、お君の兄茂助や村人達の助けを得て乱闘の末、為五郎一家を斬り伏せてしまう。翌日、晴れ渡ったりんどうガ原で政はお君と再会を約し、やくざ稼業を捨てた新たな生活へと旅立って行った。


解説

“傑作娯楽部”連載の陣出達朗の原作から「君を愛す」の八住利雄が構成、「花笠太鼓」の安田重夫が脚色、同じく「花笠太鼓」の福田晴一が監督、片岡清が撮影を担当する。イーストマン松竹カラー色彩で描く娯楽股旅篇。主な出演者は「歌う弥次喜多 黄金道中」の高田浩吉、高峰三枝子、「おしどりの間」の瑳峨三智子、「相馬の唄祭」の北上弥太朗、近衛十四郎、雪代敬子、「この女に手を出すな」の高野真二、「霧の音」の柳永二郎、「てんてん娘」の清川虹子、「いで湯の姉妹」の島倉千代子など。


公開日1957年1月15日より
配給松竹
制作国日本 (1957)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
構成
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
高田浩吉りんどうの政
瑳峨三智子お君
高峰三枝子お銀
雪代敬子お玉
近衛十四郎伊太八
加賀たかし竜吉
北上弥太朗むささび勘太
毛利菊枝おたね
高野真二茂助
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)旅篭の女将お鯉
泉友子女中お富
野沢英一村人吾作
柳永二郎がんりきの為五郎
大邦一公浜田十太夫
永田光男荒馬の富造
天野刄一殴り込みの鉄
田中敬介野尻の銀蔵
乃木年雄猪の弥市
光妙寺三郎無腰の頑八
田中謙三お相撲常
戸上城太郎村野軍兵衛
山路義人赤松の源太
中原申 小岩の虎吉
西川ヒノデ高崎の松蔵
大友富右衛門高崎の仁藤
大東弘明狼の太一
生方功うわばみの平二
久保恵三郎烏の勘三郎
石崎陽二禿鷹の四郎
小宮山鉄朗蟇蛙の五助
島倉千代子馬子お千代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP