江利チエミのサザエさん(1956)

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

サザエさんの一家は弟のカツオ、妹ワカメとお父さん、お母さんの五人暮し。サラリーマン生活だが至ってノンキな家庭である。しかし長女のサザエさんは高校を卒えてもお転婆ぶりを発揮、お父さんお母さんは頭がいたい。ある日、新聞社勤めの親戚ノリスケが下宿を申し出、一家は協議の末、大食に相当する下宿代で居候を認める。その頃、雑誌社“女性クラブ”に採用されたサザエさんは間違えて山高商事に初出勤。だがそこで会ったフグ田君の親切に心打たれる。第一の仕事は小説家神田大六宅へ原稿取り。いざ神田宅へと上りこんでみれば、彼は以前親友ミチコの勤めるデパートで失敗の末カンカンに怒らせた客である。逃げ出したサザエさんはクビを申し渡されるが親切なフグ田君の紹介で大木探偵事務所に入る。素行調査の依頼からノリスケとミチコの恋を知ったサザエさんの援助で二人は結婚にゴールイン。二人の新婚生活を見る彼女の胸にも、フグ田君の面影が秘められた様子。ミチコの名案で、サザエさんは彼に、間近に迫ったクリスマスの招待状を送る。当日、かねて彼が言っていた通りに女らしく振舞うサザエさん。夜になっても姿を見せず彼女を淋しがらせたフグ田君も、やがて会社の都合で遅れたと飛びこんで来る。プレゼントは可愛いサザエのブローチ。喜びに手を取り合って踊る二人を中心に、サザエさん一家のクリスマスは楽しそうに続いていた。


解説

長谷川町子の漫画“サザエさん”の映画化。「母孔雀」の笠原良三が脚本をかき「若人の凱歌」の青柳信雄が監督、同じく遠藤精一が撮影を担当する。主な出演者は、「力道山男の魂」の江利チエミ、「母孔雀」の松島トモ子、「ボロ靴交響楽」の小畑やすし、「山と川のある町」の小泉博、「眠狂四郎無頼控」の青山京子、「裸足の青春」の仲代達矢、「いで湯の姉妹」の若山セツ子、「若人の凱歌」の柳家金語楼、清川虹子、「アチャコ行状記 親馬鹿天国」のアチャコ、ほかに藤原釜足、森川信、白川由美など。


公開日1956年12月12日より
配給東宝
制作国日本 (1956)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作担当者
助監督
記録
スチール

キャスト

俳優名役名
江利チエミ (Chiemi_Eri)磯野サザエ
松島トモ子磯野ワカメ
小畑やすし磯野カツオ
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)サザエの父親
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)サザエの母親
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)ノリ助君
小泉博フグ田君
青山京子ミチコ
丘寵児女性クラブ編集長
若山セツ子 (Setsuko Wakayama)貝原キミ子
花菱アチャコ神田大六
音羽久米子神田夫人
柳家金語楼山中老人
森川信大木探偵所長
一の宮あつ子中野夫人
宇野晃司所員
白川由美およしチャン
塩沢ときおでん屋のおかみ
沢村いき雄おでん屋のおッさん
有木山太流しの男A
平凡太郎流しの男B
三田照子横向夫人
熊谷二良医者
ダークダックス洗濯屋/酒屋/炭屋/魚屋
高木秀代女の子A
松林久美子女の子B
広瀬正一チンドン屋A
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
大泉洋、バナナを持って登壇に会場爆笑!高畑充希、三浦春馬ほかキャスト陣全員で撮影エピソード暴露!『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』完成披露試写会

2018.11.14

『トイ・ストーリー4』公開日決定&新キャラクター登場の映像・画像 解禁!

2018.11.14

『春待つ僕ら』主題歌は...TAOTAK「Anniversary」に決定!映画キャスト出演の MV も初お披露目!

2018.11.14

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライトと共演へ

2018.11.14

マーク・ラファロ、トッド・ヘインズ監督作に出演へ

2018.11.14

レオナルド・ディカプリオ、44歳の誕生日会にスターが勢揃い

2018.11.14

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆

TOP