お嬢さんの求婚

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大学の仏文科を出たというのに二宮和夫は、隣家のお嬢さん大竹勝子に云わせるとボヤッとした時代おくれの青年ということになる。またそう云われても仕方がなかった。七回目の見合を坪井咲子とすることになったが、年頃の勝子を附添人にするというのだから、以前の縁談もこの様な心構えではまとまる筈がなく、而も元海軍大佐で身体の不自由な父の仙道と二人暮しとあっては尚更であった。今度も芸術大学で音楽を専攻している才媛、加えて美貌の勝子の附添人では見合の結果は始めから判っていた。今では何の生きる喜びもない仙造は、早く和夫に嫁をと、それ許りを願っているが、何時も縁談がうまく行かないのは、自分が居るからだと思いつめ発狂してしまった。この少し前、和夫は勤めていた楽器店を馘になったため、病気の父を大竹夫妻に頼み、職を求めて奔走するが、なかなか見つからなかった。やっと、未だ好意を持っていた咲子の紹介で、宣伝会社へ入社できたが、咲子の厚釜しいアプレ的な態度にたまりかね、友人の計らいで、女社長の秘書になることを決心した。それも、秘書とは女社長の誘惑の口実でしかないことを知った。和夫は、仕方なく宣伝会社のチンドン屋の一行に加わってギターを弾いて歩く。伸び盛りのかほるや厚を抱える大竹家の生活は楽でなかった。そのため、夫妻は四国へ転任しようかと相談していた。大竹家が引越すとなると父の面倒をみてくれる人が居なくなるので、和夫は仙造に病院へ入ってくれと頼んだ。だが、その夜、仙造は書置を残して家出した。初めて勝子は、自分が和夫たちに必要なことと、また和夫を深く愛していることを知った。仙道は自殺寸前に助けられた。三つの影−−笑いを取り戻した仙造を両脇から抱える和夫と勝子の三人の影が月の光に描き出されていた。


解説

「亡命記」の椎名利夫の脚本を「僕は横丁の人気者 二部作」の尾崎甫が監督する。撮影は坂本松雄、音楽は「浪人吹雪」の池田正義の担当。出演者は「新婚白書」の川喜多雄二、日守新一、清川新吾、「飛竜の門」の藤乃高子のほか、銀令子、沢村貞子、明石潮などである。


公開日1955年7月12日より
配給
制作国日本 (1955)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
川喜多雄二 (Yuji Kawakita)二宮和夫
日守新一父仙造
藤乃高子大竹勝子
明石潮父勝則
沢村貞子母素子
清川新吾弟厚
銀令子坪井咲子
水上令子母静江
近衛敏明父甚吉
永井達郎丹羽一郎
野辺かほる大塚ひとみ
野辺二世令嬢
桂小金治弁公
磯野秋雄荒木源吉
新島勉楽器店の支配人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
映画『ボヘミアン・ラブソディ』2週連続NO.1! 胸アツ応援上映も完売続出<クイーン第三次ブーム到来>社会現象に!

2018.11.19

篠原涼子、子役からのサプライズに号泣!!「家族」が揃った『人魚の眠る家』公開記念舞台挨拶

2018.11.19

岸部一徳、涙堪え声震わせ木竜へエール!!『鈴木家の嘘』感動の公開記念舞台挨拶!

2018.11.19

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
ブラッドリー・クーパー、『アリー/ スター誕生』の主演をジャック・ホワイトで考えていた!?

2018.11.19

エマ・ストーン、『女王陛下のお気に入り』でのヌードシーンを自ら志願

2018.11.17

ジョニー・リー・ミラーとコモンが共演へ

2018.11.17

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『インクレディブル・ファミリー』オリジナルノートブック&クリアファイルセット

グッズ2名様

『インクレディブル・ファミリー』オリジナルノートブック&クリアファイルセット
『アリー/ スター誕生』ジャパンプレミア レッドカーペットイベント招待プレゼント

その他10組20名様

『アリー/ スター誕生』ジャパンプレミア レッドカーペットイベント招待プレゼント

プレゼント一覧


TOP