妖精は花の匂いがする

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大阪郊外の私立女子大学。−−独身で秀貌の助教授丹下は当然生徒達の憧れの的だが、ことに富裕な家庭そだちの米川水絵は、その思慕の情のきかん気な一途さを時に級友にからかわれたりする。彼女の親友小溝田鶴子は病身の姉をかかえ、学資も杜絶えがちという生活条件もあって、いきおい現実的になりがちだが、たまたま丹下が広告アルバイト中の自分から目をそらして過ぎたことでみじめに傷つく。その傷を癒したのはアルバイト仲間の大学生唐木の友情だった。が、やがて丹下の態度は驚ろきと心痛のためと判り、彼女も又この少壮学者に思慕を感じた。そのためか、水絵との間が気まずくなってくる。−−田鶴子は勝気な娘である。どうしても納められなかった月謝を水絵が代って支払ったことを知り、返却したい一心で新聞広告のモデル募集に応じようとする。雇主は名倉繊維のドラ息子洋介である。事情を察した丹下は極力彼女をおし止め、自身の収入を割いても必要額の提供を申出た。一旦はすなおに好意を受けた田鶴子も、偶然丹下宅でかちあった水絵のはげしい嫉妬にふれるや、意を決してモデル台に立つ。これを洋介に気のある同級生生田あさ子が嫉妬まじりに吹聴したため、赤新聞につけこまれ、はては教授会の大問題となった。丹下は田鶴子を最後までかばい、ついに学長と衝突して辞職する。彼のその愛情を身にしみてありがたく感じるものの、しかし田鶴子は水絵に席をゆずった。女同志の得がたい友情を守るためである。−−そして、そんな彼女を、大学生唐木のつつましい、しずかな愛が待ちうけていた。


解説

「サンデー毎日」に連載された藤沢桓夫の小説の映画化。「稲妻(1952)」の田中澄江と「花吹雪男祭り」の若尾徳平の協同脚本によって、「秘密(1952)」の久松静児が監督に当った。撮影は「社長秘書」の竹村康和、音楽は「夫婦」の斎藤一郎である。「あの手この手」の森雅之、久我美子、「社長秘書」の木村三津子、根上淳、俳優座の青山杉作、他に千秋実、羅門光三郎、船上爽、浪花千栄子などが出演する。


公開日1953年2月19日より
配給
制作国日本 (1953)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
久我美子 (Kuga Yoshiko)小溝田鶴子
木村三津子米川水絵
根上淳 (Jun Negami)唐木伊勢吉
森雅之 (Masayuki Mori)丹下規矩雄
千秋実名倉洋介
羅門光三郎北沢
青山杉作生田教授
伊達三郎 (Saburo Date)川岸
船上爽加藤
北見礼子小溝千鶴子
杉山道子
小柳圭子生田あさ子
浪花千栄子米川なつよ
毛利菊枝村上女史
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP