野郎! 地獄へ行け

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

白昼のビル建築現場で、落下した鉄骨により一人の老人が死んだ。かけつけた新聞記者小石川は、それが恋人良子の父桜井なので驚いた。桜井は意外にも麻薬中毒にかかっていた。小石川と良子は、桜井の日記を調べ、彼が二百万円の借金に苦しんでいたことと、彼の死の秘密がどうやらキャバレー・シルバーにかくされているらしいのをつきとめた。良子はピアノひきとしてシルバーにつとめた。その頃、ある不動産会社の老社員林田という男が、アケミという女にひっかかってたちまち百万円の借金を作ってしまった。その負い目から、彼はシルバーの社長大沼により、麻薬運搬人として使われるようになった。そして警察に密告を決心した時、彼は前の桜井と同じように、コンクリート・ミキサーに投げこまれて殺された。大沼がシルバーに帰るとサブという男が、彼に雇ってくれと待っていた。彼は香港の殺し屋だと自称して大沼に雇われた。良子が桜井の娘とわかると、大沼一味は彼女を地下室におしこめた。サブがその彼女を処分すると申し出てホテルにつれ去った。小石川も捕えられ、ダイナマイトをしかけた倉庫に入れられた。サブがどこからともなく現れて彼を救った。サブは小石川をつれて逃走する大沼を車で追った。そしてサブは大沼の自動車のタイヤを撃ち抜き、車を横転させた。彼は麻薬取締官であった。良子も彼の手で保護されていた。小石川は特ダネを急いで社に知らせた。


解説

山村英司・犬伏太市の脚本を「君は狙われている」の井田探が監督した、事件記者と麻薬Gメンが主人公のアクション・ドラマ。「素晴らしき遺産」の柿田勇が撮影した。


公開日1960年7月29日より
配給日活
制作国日本 (1960)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
小高雄二小石川健吉
稲垣美穂子桜井良子
紀原耕桜井信造
梅野泰靖馬場三郎
早野寿郎大沼剛三
楠侑子アケミ
野呂圭介ストレートの鉄
高品格石塚政吉
下條正巳林田平太郎
永井智雄 (Tomoo Nagai)松岡
伊藤寿章川島刑事課長
雪丘恵介吉野三課長
久遠利三加藤刑事
上野山功一菊田
木島一郎広岡
玉村駿太郎竹下
冬木京三
長弘三好刑事
小林亘記者A
今村弘記者B
大庭喜儀ボーイA
渡井嘉久雄ボーイB
玉井謙介バーテン
山口吉弘ホテル・フロント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP