第三波止場の決闘

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

競馬場で電話をかけていた運転手が殺し屋に殺された。被害者は畑といい、神戸の布地問屋ラクダ屋の依頼で東京のみどり洋服店に生地を届けた帰りだった。みどり洋服店を洗った米山刑事は、運ばれた生地が香港からの輸入品とにらみ、その密輸ルートをあばくため神戸へ急行した。一味の密会場所であるバー“黒ばら”で米山は高木と出くわした。高木は元刑事で、かつて米山とはライバルだった。高木は米山が一味をさぐりにやってきたのを知るとラクダ屋のマダム英子のパトロンである一味の首領大村に仕事を手伝うことを約した。ある日、大村の身替りで刑務所へ入っていた譲太が釈放された。大村配下の殺し屋が待っていた。しかし、譲太は反対にやっつけた。さらに用心棒の鳥井が譲太を殺すよう命じられたが、彼は逆に譲太を助け、二人して大村を失脚させ麻薬を独占しようと図った。一方、米山は“黒ばら”で昔の恋人香を見つけた。彼女は麻薬団のボスの情婦で、今は歌手重山の恋人でもあった。運転手の橋本は東京までの麻薬の運転を引受けた。恋人が麻薬患者の父を入院させる費用に困っているのを助けたいために。荷受けであるゴルフ場につく寸前、譲太と鳥井に襲われ、怪我をして警察に留置された。橋本の口から警察にバレるのを恐れた一味は青酸カリ入りの寿司を差入れした。高木に好意を抱く英子から情報を知った高木は、これを米山に流した。橋本の命は助かった。橋本は遂にゴルフボールに麻薬をつめて流すことを告白した。香が警察へ行こうとしたところを射たれた。米山に「今夜十時XX棧橋で大きな取引が」と言って息が絶えた。高木も英子から麻薬団のリストを手に入れると棧橋へ。第三波止場での決闘。大村一味は捕えられた。高木は米山にリストを差し出し「デカは一生デカ根性が抜けない」と言って死んだ。


解説

「暴れん坊森の石松」の芝野文雄の脚本を「天下の大泥棒 白浪五人男」の佐伯幸三が監督したアクション・ドラマ。撮影は「爆笑嬢はん日記」の岡崎宏三。


公開日1960年4月17日より
配給東宝
制作国日本 (1960)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督

キャスト

俳優名役名
宝田明 (Akira Takarada)高木
三橋達也米山
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)霧島
河津清三郎大村
北あけみ英子
雪村いづみ由利
淡路恵子 (Awaji Keiko)
神戸一郎重山
南道郎鳥井
佐原健二 (Kenji Sahara)橋本
稲吉靖須田
天本英世渡山
平田昭彦譲太
福山博里見
安達国晴青田
立原博岩吉
矢野文彦全田
市川小金吾
環三千世みどり
柳川清三津田
内田朝雄 (Asao Uchida)主任刑事(警視庁)
楠義孝主任刑事(兵庫県警)
柴田房夫ボスの代理人
弘世東作信吾
男城輝早川
松尾和子歌手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
『めんたいぴりり』 博多華丸インタビュー

2019.01.16

『寝ても覚めても』唐田えりか、千葉県君津で凱旋上映!故郷に錦を飾る!「マザー牧場でスカウトしてもらってからずっと運のいい人生を送っている」

2019.01.16

『アクアマン』ファン代表 関口メンディーも大絶賛! <今まで見たことない>海底都市映像 初解禁!!

2019.01.16

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
アン・ハサウェイ、トッド・ヘインズ監督作に出演へ

2019.01.16

ヘンリー・ウィンクラー、ウェス・アンダーソン監督作に出演へ

2019.01.16

『ROMA/ローマ』、放送映画批評家協会賞で最多4冠

2019.01.16

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆

TOP