さいころ無宿

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

国定村の長岡忠治のもとに、若い旅鴉が子分にしてくれと現われた。さいころの浅といい、さいころの腕はすごかった。忠治に断わられると、日光の円蔵をくどくため、高崎へ発った。円蔵は忠治の命で旅立っていた。忠治と盃を交したことのある花巻の勝五郎の死因の真相を探るためである。勝五郎は土地の親分釈迦の十造の賭場でイカサマを使ったとナブリ殺されたのだ。妹お雪が残された。さいころの浅は道中で浪人者と知りあう。円蔵の変装と知らず、丁半勝負と居合抜きで張合うが、歯がたたなかった。十造一家で花会の用人捧に雇いいれたのは、円蔵だった。−−お雪には十造の魔手がのびていた。浅は子分どもを追っぱらい、お雪に勝五郎の死因をただした。疑点があった。一味は大勢で復讐にきた。お雪は連れさられた。浅は一人で十造一家に殴りこみをかけたが、袋だたきにされた。が、用心棒の浪人から命を救われ、お雪の居場所をそっと教わった。一家のツボ振り、銀のお滝は円蔵の秘密を握っていた。彼女は亡父の借金のため、一家でイカサマをやらされていたが、それを勝五郎が見破り、殺されたのだった。−−花会は開かれた。賭場の回りで、忠治の子分・空っ風の半次が騒いでいた。お滝の手練はさえていた。利き目が止った時、仕掛けのある盆ゴザの下から、浅と半次が現われた。乱闘。お雪を救い出した円蔵も駈けつけた。苦戦だったが、勝五郎の死の真相を知ってやってきた国定一家の助力十造一家はくずれた。浅の助っ人で、お雪は兄の仇をうった。−−国定一家は帰り旅。おくれて浅とお雪が、さらにおくれて円蔵とお滝がむつまじかった。


解説

陣出達朗の原作を、「姫君一刀流」の大和久守正が脚色し「あらくれ大名」の内出好吉が監督した明朗時代劇。撮影は「殿さま弥次喜多」の坪井誠。


公開日1960年5月10日より
配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)さいころの浅
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)日光の円蔵
花房錦一空っ風の半次
水野浩三ッ木の文蔵
山形勲国定忠治
水木淳子お雪
藤田佳子銀のお滝
松風利栄子お浜
霧島八千代お高
香川良介釈迦の十造
堀正夫源次
中村幸吉赤縄の辰
時田一男
浜田伸一定助
古石孝明権六
中村時之介佐島の寅吉
国一太郎森の井の信助
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP