喜劇 競馬必勝法

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

予想屋の源三や早川が一目をおくほど競馬通の河辺は、会社では平凡なサラリーマンとして日々を送っていた。ある日、競馬場で知った峯岸という男をコーチして十六万円を儲けさせたのだが、実は峯岸は河辺の会社の新社長だったのだ。競馬に凝った峯岸は早速、河辺を秘書室付きに任命して、競馬データの収集をやらせた。河辺の妻みちえは、夫の安月給を補うため歯科医をやっているが、いままで堅く禁じていた競馬で河辺が出世してくれれば、と自らも競馬の研究を始めたのである。ところが、みちえの競馬熱が昂じるにつれて、河辺は競馬に興味を失っていった。競馬は自分の命の次に大切な金で儲けるから面白いので、社長のためにビジネス化されては面白味がない、と河辺は思っていたのだ。そんなあいだに峯岸は、次第に競馬に自信をつけていたが、ある日、大阪へ出張するため、三十万円を河辺に渡して大レースに「3−7」の一本買を依頼した。峯岸の狙いは大穴だったから、どうせ駄目だと思った河辺はその金を飲代に使ってしまった。ところが、峯岸の狙いは的中、河辺がその馬券を買っていれば五百万円の配当がついたのだ。慌てた河辺はその五百万円を峯岸に返すため源三やみちえとレースの研究を始め、データ算出の結果、木曜日の第九レースに狙いをつけ、大穴を狙って「1−4」に二十万円を投じた。だが、それはハズれた。馬券を捨てて茫然自失している河辺たちの耳に、ルール違反があって「1−4」が当りと報じるアナウンスの声が聞えた。紙屑回収問屋に走って死にもの狂いで当り券を探した河辺は、無事五百万円を峯岸に返すことが出来た。この出来事で、河辺も峯岸ももう競馬はやめて社業に専念すると誓ったが、翌日の競馬場には、相変らずレースに熱狂する二人の姿が見られた。


解説

「女たちの庭」の井手雅人と、「喜劇 急行列車」の瀬川昌治が共同でシナリオを執筆し、瀬川昌治が監督したコメディ。撮影は「黄金バット(1966)」の山沢義一。


公開日1967年9月18日より
配給東映
制作国日本 (1967)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
谷啓 (Kei Tani)河辺春男
白川由美河辺みちえ
伴淳三郎大田原源三
京塚昌子大田原ふさ子
小川知子大田原真弓
吉野謙二郎大田原厳
山城新伍早川
進藤英太郎峯岸
大泉滉佐藤
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)山崎
小松正夫中村
村上不二夫黒田
杉義一人事課長
清水元重役A
片山滉重役B
久保比佐志重役C
清見淳ニコヨン
安城由貴子女子社員A
大和田恵美子女子社員B
大竹まり女子社員C
三木のり平紳士風の男
南利明若い男
岡部正純ジョッキーの男
植田灯孝刑事A
木村修刑事B
大橋巨泉ショーの司会者
田沼瑠美子ひとみ
桑原幸子ユミ
清水みつえかおる
大川慶次郎評論家
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)ゲスト
相原弘予想屋A
平本孝予想屋B
滝島孝二予想屋C
菅原壮男予想屋D
須賀良助手
南幸伸一郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP