喜劇 一発勝負

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

関東のある小都市に八代続いた旅館二宮荘があった。この家の長男孝吉は、名前に似ぬ親不孝者で、女を囲い、父の忠と大喧嘩して家をとび出した。その後、水商売の女が二宮家に来て、マリ子という子供を置いていったが、マリ子は孝吉の子供だった。それから十数年、孝吉がひょっこり戻ってきた。ちょうど、母礼子の一周忌の日で、父や妹の信子の驚きをしり目に、孝吉は立派な身なりで得意気だった。その夜、孝吉は父の友だちの石丸医師と酒を汲み交し、「男子一生の仕事をこの町でやる」と宣言したが、丼鉢の酒を一気に飲んで倒れてしまった。翌日、二宮家で孝吉の葬儀が営まれた。ところが、参列者が悲しみにくれた顔で集った時、棺の中から孝吉が仁王立ち。生き返った孝吉のことは、テレビに取り上げられるほど有名になった。やがて孝吉は、会社を設立し、鉱山技師山口、青田、赤山らと温泉のボーリングに乗り出した。忠は孝吉が家の庭のド真中や、先祖代々の墓地にボーリングすると聞いて大ムクレで、ついに二度目の勘当を言い渡した。そんなこともあって、孝吉の計画は思い通りには運ばず、破産一歩手前に来ていた。その時、ボーリング現場のパイプから良質の温泉が噴き出したのだ。孝吉はたちまち町の成功者になった。それから三年後、忠の苦々しい顔とは反対に、孝吉はヘルスセンターの経営に乗り出し、着々と事業を発展させていた。ある日、マリ子がヘルスセンターに出演しているバンドマンと東京へ出たいと言い出した。はじめは賛成していた孝吉は、妹だと思っていたマリ子が自分の実の娘だと聞かされて驚き、反対派に回った。しかしマリ子は反対を押し切って東京に出て行った。思わず「親不孝者!」と怒鳴る孝吉に、忠は「ざまあ見ろ」とこ気味よさそうに笑うのだった。


解説

「愛の讃歌」の山田洋次と、宮崎晃が共同でシナリオを執筆し、山田洋次が監督したコメディ。撮影はコンビの高羽哲夫。


公開日1967年8月5日より
配給松竹
制作国日本 (1967)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
装置
音楽
録音
調音
照明
編集
製作主任
監督助手
スチル
ナレーター

キャスト

俳優名役名
ハナ肇 (Hajime_Hana)二宮孝吉
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)二宮信子
加東大介二宮忠
露原千草二宮礼子
瞳ひかる二宮マリ子
北林谷栄 (Tanie Kitabayashi)清野ふみ
三井弘次石丸先生
犬塚弘赤山
桜井センリ青田
谷啓 (Kei Tani)山口大三郎
出口玉枝川口花子
石井均巡査
左とん平葬儀屋
北竜二 (Ryuji Kita)兼高教授
水科慶子みどり
谷よしの女中
堺正章
井上順
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP