日本暗黒史 血の抗争

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

終戦直後、河上は女に乱暴しようとしたGIを傷つけ、四年の刑に服した。やがて出所後、彼は三十数人の仲間を集め河上組を組織し、当時市中をおさえていた関屋一家の壊滅を計った。それを勢力拡張の糸口にしようとしたのである。二組の確執は、名古屋の博徒の大親分甲七五郎の仲裁で収ったかに見えたが、河上は関屋を闇討ちにし、ついに市の支配権を握った。そして、この時から河上は須藤刑事につけ狙われることになった。河上組の名が全国の暴力団に知れ渡り、河上は関東の大組織友心会と手を握り、名古屋進出と中部地方一帯に勢力を伸ばすことを考えていた。一方、須藤刑事は関屋殺しの凶器の出所を追及し、河上をその共同謀議で逮捕した。しかしすぐに、河上は保釈で出所した。河上は名古屋の時原組に殺し屋を送り込む一方、甲の仲裁を断り、時原組に抗争を挑んだため、甲をはじめ名古屋の七人の親分が時原に加勢、河上も友心会系列の二百五十名をもって、これに対したのである。警察当局は事態を重視し、機動部隊を動員して治安の維持に努める一方、河上の保釈を取り消し、逮捕した。しかし、執念の鬼と化した河上は拘置停止を計って、再び陣頭指揮に立ったのだ。河上は組員たもと共に甲組や時原組に、白昼市街戦を挑んだ。悽絶な戦いが展開されたとき、事態収拾のため緊急態勢をとった警察は両派を完全に包囲した。それでもなおビルに立てこもって抵抗した河上だったが、催涙弾を射ち込まれてはどうしようもなく、須藤刑事に逮捕されたのだった。日本の暴力史上、最大の抗争といわれた事件はこうして幕を閉じたのである。


解説

「組織暴力」の佐治乾がシナリオを執筆し、「十一人の侍」の工藤栄一が監督したやくざもの。撮影は「一心太助 江戸っ子祭り」の鈴木重平。


公開日1967年6月17日より
配給東映
制作国日本 (1967)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
安藤昇河上純一
永山一夫桐山保夫
山城新伍国見源造
内田良平流れ星
潮健児坂下
佐藤晟也チンピラA
丘路干チンピラB
白川浩三郎チンピラC
志賀勝殺し屋
安部徹 (Tooru Abe)関屋
北口千春明子
原田甲子郎吉村
林彰太郎半沢
松山照夫条崎
前川良三喫茶店のボーイ
関根永二郎時原
高宮敬二藤巻
志茂山高也藤巻の子分A
江上正伍藤巻の子分B
川辺健磯村
唐沢民賢宮内係長
黒木正美県警二課長
近江雄二郎刑事A
和田昌也刑事B
南利明中華そば屋
牧淳子中華そば屋の妻
岡田千代女給
加賀邦男山科
小島恵子ホステス
加藤匡志ボーイ
山下義明カブトのボーイ
池田健二河上組チンピラ
河野秋武甲七五郎
瑳峨三智子弘美
伴淳三郎須藤刑事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP