続 組織暴力

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

一匹狼のギャング兵頭五郎は表向きは正当な法の手続きをとって銀座商事を設立し、手広く仕事を始めた。そのため古くから銀座を縄張りとしているやくざと何度か流血事件を起したが、兵頭の動きは素早く、敏腕警部北川たちの努力も思わしくなかった。銀座の勢力地図をぬり変えようとする兵頭の動きに関東政友会の顔利き榊組がのり出してきた。しかし政治的手腕にも長けた兵頭は菊川会長と結縁の盃を交し、政友会傘下に収った。その兵頭の動きから目を離さなかった北川は、兵頭が不良外国人の経営する賭場パシフィック・クラブを襲った機会を逃さず、北川を逮捕した。ところが、勢力を政財界にまで浸透させていた兵頭が、政界の大ボス大和田と手を結んでいたことから、北川は上司の命令で兵頭を釈放せざるを得なかった。この事件で兵頭の片腕となって動いていたのが切れ者国崎である。三年前総裁選で敗れた大和田の敗因は資金不足だったが、反対派の資金は弾丸道路用地買収にまつわる丸菱不動産の三十億円の横流しから出ていた。兵藤はこの事件を叩こうと決心したが、それは政友会を敵に回すことになった。何故なら政友会顧問権堂は大和田の政敵であり、丸菱の元社長だったからだ。兵頭は政友会の殺し屋に備えて用心棒を雇い、丸菱の係長田沢を拷問した。田沢は三十億の流出先を吐いて一家心中を遂げてしまった。この件で大和田は丸菱から八億円をせしめ、兵頭もその分前に与ったが、もともと叩けば埃の出る身の大和田は、事件の真相を再び闇に葬るため、菊川と手を結んで榊に兵頭を殺させてしまった。一方、北川警部はこの事件を担当し、真相をつかみかけていたが、この事件の一切は兵頭と榊組との縄張り争いとして捜査を打ち切るよう、上部から命ぜられたのだった。銀座の雑踏を歩く北川の顔には、やりばのない怒りが浮んでいた。


解説

「新・事件記者 大都会の罠」の石松愛弘がシナリを執筆、前作「組織暴力」の佐藤純彌が監督した続篇。撮影はコンビの仲沢半次郎。


公開日1967年6月29日より
配給東映
制作国日本 (1967)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)北川警部
渡辺文雄兵頭五郎
谷隼人 (Hayato Tani)杉井
待田京介石上
内田良平榊伸作
柳永二郎大和田大作
山本麟一中西刑事
室田日出男沢井刑事
水島道太郎権堂耕太郎
河津清三郎菊川
見明凡太朗 (Bontaro Miake)友田
八名信夫 (Nobuo Yana)白木
日尾孝司若松
稲吉靖村上
山之内修中野
曽根晴美里眼鏡
永山一夫ナイフの秀
三重街恒二
露口茂田沢
安城由貴子房代
高橋信人邦夫
金子信雄 (Nobuo Kaneko)部長
河合絃司署長
沢彰謙竹林
関山耕司岡崎
植田灯孝寺木
近藤宏榊組幹部A
秋山敏榊組幹部B
萩玲子花奴
今井健二中川
金光満樹横山
鈴木義征青木
佐藤汎彦中村
南風夕子由美
国景子澄子
木川哲也高木
潮健児寺川
田沼瑠美子洋子
エリック・ニールセンマイク
田川恒夫マネジャー
久保比佐志医者
ゲオルギ・ウルフ用人棒
岡野耕作丸和商事社長
安藤昇国崎健司
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP