砂糖菓子が壊れるとき

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

千坂京子は肉体派女優というレッテルのもとにスターの座を得た女だった。その派手な男性遍歴の経験からも、私生活と銀幕から与える京子のイメージは肉体派にふさわしいものと思われていた。しかし、実際の彼女は、初心で、幸せな結婚生活を求めるただの女であった。京子はまだ女優にならない頃、自分のヌードを吾妻に撮らせていた。その可憐な姿を見た映画プロダクションの工藤は、京子を主演に「櫛」を製作した。この映画が一躍京子をスターダムにのしあげたのだ。たちまちのうちに華やかな女優生活に足を踏み入れた京子は、活気のある毎日の中に何かもの足りない心のさびしさを覚えた。純で素朴な彼女にとって、頼りになる男だけが欠けていた。そうした京子が、この華美な世界で次々と男を求めていくのは、きわめて自然と言うことができた。監督の栗原、芸能記者の奥村、大学教授天木などがその相手だった。奥村は京子のヌード写真が公表され、芸能界のスキャンダルとして騒がれた時、失意の京子に近づき、慰めてくれたものの、京子の身体が目的であった。芸能界での唯一の友人として奥村を信頼していた京子には打撃であった。また、教養を身につけようと聴講生として大学に通った京子が天木教授を知った時、彼女は自分に必要なのはこの人だと考えて喜んだが、天木に肉体を求められ、彼女は再び深い絶望に陥らねばならなかった。こうして、真の人間としての男を求めている京子は、逆にその男性遍歴を一人の男に満足できないセックス女優として、芸能誌に書き立てられていった。そんなある日、ホームラン王の土岐を知った京子は、間もなく彼と結婚した。健康で明朗な土岐は彼女の、満されぬ心の空洞をうめてくれるはずだった。彼女をよく知る友人で、付人の春江も、京子と土岐の結婚を喜んだ。だが彼女の思惑とは異なり、二人の間には何の精神的な結びつきもなかった。失意の彼女は、春江と二人で八ケ岳山麓のホテルを訪れた。そこの透明な澄んだ空気を吸った彼女は生き返る心地がした。そんな時、京子はホテルで作家の五木に会った。五木は京子と話合った後、京子の過去を分析し、京子は一人で生きていかなければならないと教えた。それ以来、五木は京子の支えになった。しかしある日、春江が電話で、京子のナポリ賞受賞を知って、京子の寝室に行くと、京子は受話器を手にしたまま死んでいた。京子が最後に電話をしようとした相手が果して誰なのか誰にも分らなかった。


解説

曽野綾子の同名小説(講談社刊)を橋田寿賀子が脚色し、今井正が「仇討」以来二年半ぶりに監督した。撮影は「野良犬(1966)」の中川芳久。


公開日1967年6月10日より
配給大映
制作国日本 (1967)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
若尾文子 (Wakao Ayako)千坂京子
原知佐子酒井春江
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)奥村豊
藤巻潤 (Jun Fujimaki)土岐
田村高廣 (Takahiro Tamura)五来克己
志村喬工藤
船越英二天木教授
根上淳 (Jun Negami)吾妻
山岡久乃五来夫人
田中三津子吾妻夫人
成瀬昌彦石黒監督
仲村隆工藤の秘書川田
大山健二各務常務
花布辰男小川プロデューサー
谷謙一撮影所の男
武江義雄佐藤
飛田喜佐夫青年
伊東光一医者
三夏伸撮影所の出前持
篠田三郎ホテルのボーイ
森矢雄二フロント係
佐原新治フロント係
角梨枝子小唄の師匠
天池仁美看護婦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP