喜劇 急行列車

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

特急列車の専務車掌青木吾一は、十七歳から鉄道一筋に生きてきたベテランで、妻きぬ子との間にできた四人の子供も、特急・さくら・つばめ・ふじと汽車の名前をつけるほどの鉄道キチガイだ。持ち前の顔は少し間が抜けているが、乗客には徹底した奉仕、部下の指導にはなかなかのウルサ型だ。食堂車のウェイトレス洋子と恋愛中の乗客掛古川など年中、青木の叱言をあびていた。東京出発、長崎行「さくら号」に乗組んだ青木は、乗客のなかにかつての知合いで初恋の人、塚田毬子を発見した。毬子は夫とうまくいっておらず、一人旅に出て来たというのだ。久し振りに会った二人は何となくホンわかした気持になった。徳山を過ぎた頃、事件が起きた。ホステス五人組の貴重品がなくなったのだ。が、青木の活躍とそれに毬子の機転で犯人は捕まった。列車は長崎に着いた。明日の上りまで勤務を解かれた青木は、毬子と楽しい一夜を過ごし、他日、鹿児島での再会を約して東京に帰った。家に帰ってきた青木のそわそわした態度に、疑問を持った妻きぬ子は、鹿児島行特急“富士号”の勤務についた夫の後を追って列車に乗りこんでしまった。忽ち二人は大喧嘩となったが、とにかく、二人は終点まで一緒に行くことになった。初めて夫と一緒に乗って、車掌という仕事がきびしいものであると知ったきぬ子は、夫を見直すことになった。乗り越しの乗客の世話や、部下の失敗を自分の失敗として処理する青木。心臓病手術のため、別府に向う少年をはげまし、心のこもったサービスをする青木、きぬ子は感動した。終着駅西鹿児島駅についた。ホームには、毬子が夫慎太郎と共に姿を見せていた。和解がなってもう一度やり直す−−という毬子の言葉に心から喜ぶ青木。きぬ子と夫と久しぶりに水入らずの時が持てて幸せそうだった。


解説

「東京博徒」の舟橋和郎がシナリオを執筆、「暗黒街シリーズ 荒っぽいのは御免だぜ」の瀬川昌治が監督したコメディ。撮影は「花札渡世」の飯村雅彦。


公開日1967年6月3日より
配給東映
制作国日本 (1967)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)青木吾一
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)塚田毬子
西村晃老機関士
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)今井
左卜全駅長
楠トシエきぬ子
加藤順一特急
丸山紀美恵さくら
大森不二香つばめ
坂本香織ふじ
鈴木ヤスシ古川勇作
大原麗子 (Ohara Reiko)遠藤洋子
関敬六岡島
宮城けんじ相席の客
東けんじ新郎
田沼瑠美子新婦
根岸明美あけみ
桜京美銀子
佐々木伊都子ユリー
天野女津子マコ
真木亜紗子美加
田島薫光子
三遊亭歌奴スリの男
三原葉子スリの男の情婦
江原真二郎塚田
桑原幸子若い妊婦
北川恵一若い妊婦の夫
石崎吉嗣坊や
村上不二夫坊やの父親
川尻則子坊やの母親
鳴門洋二国枝
岡崎二朗犬塚
日吉順子長崎の店員
打越正八コック
酒巻輝男変った乗客A
水野崇変った乗客B
黒川弘子ウェイトレスA
大和田恵美子ウェイトレスB
谷本小夜子宿舎のおばさん
木村修乗客掛
小塚十紀雄操縦助役
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP