落語野郎 大泥棒

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

たんぽぽ長屋の大家半左衛門の息子徳三郎は船宿の娘おせつに惚れていたが、目明しに追われていた鼠小僧を助けたおせつはそれ以来徳三郎にツレなくなった。義賊鼠小僧は江戸の若い娘の憧れの的だったのである。徳三郎は鼠小僧ならぬ猫小僧と名乗っておせつの家に忍び入り、彼女の愛を取り戻そうと懸命だった。父親の半左衛門は妾宅通いで明けくれしている男だが、自宅の両隣に住む剣術指南運平と、鳶頭虎市の部屋が、剣術や木遣の稽古で騒々しいので転居するよう申し入れた。しかし、転居資金を受け取った運平と虎市はお互いに部屋を入れ替っただけだから、騒々しいことには変りはなかった。ある日、徳三郎はおせつの友達八重から、浜松屋が借金のカタにおせつを連れ去ったと聞いて驚いた。粋がり屋の徳三郎は、さっそく自分を白浪五人男の一人にたとえて、単身浜松屋に乗り込んだのである。おせつを助け出すところが中々カッコのいい徳三郎は、すっかりおせつに見直されてしまった。が、あと一歩のところで二人は浜松屋の用心棒に捕われ、土蔵破りの罪で役人に引き渡されそうになった。そこに現われたのが天下の義賊鼠小僧次郎吉で、鼠小僧は役人に向って浜松屋こそ悪人であり御禁制の品を土蔵に隠している、と告げると忽ち消え去った。果して役人が土蔵を調べてみると鼠小僧の言う通りだったから浜松屋は御用になってしまった。一方、危うい所を鼠小僧に救われた徳三郎とおせつはすっかり元通りの恋人同士に戻り手を取りあって帰って行った。


解説

「落語野郎 大馬鹿時代」の新井一、吉松安五郎、椿澄夫の三人が今度も共同でシナリオを執筆し、「続社長千一夜」の松林宗恵が監督した“落語野郎”シリーズ第四作目。撮影はコンビの長谷川清。


公開日1967年4月15日より
配給東宝
制作国日本 (1967)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
桂米丸茜屋半左衛門
塩沢とき茜屋よね
牧伸二 (Shinji Maki)茜屋徳三郎
谷幹一丁稚チョロ
玉川良一楠運平
加藤春哉八五郎
中山豊勘助
林家こん平武八
小川安三忠吉
中尾ミエ八重
三遊亭歌奴虎市
音羽久米子おたつ
黒川俊哉虎吉
桂歌丸
三遊亭金遊
立原博熊五郎
久保菜穂子お花
金原亭馬の助辰五郎
丹下キヨ子おもと
東郷晴子おはま
中真千子おせつ
上田吉二郎浜松屋幸兵衛
内藤陳天吉
成美信地助
久里みのる人太
横山ノック弥吉
横山フック伝七
上岡龍太郎万吉
伊東四朗 (Shiro Ito)椿六十郎
戸塚睦夫椿七十郎
三波伸介椿八十郎
宮城けんじ健太
東けんじ健次
三遊亭柳朝福松
柳家小せん泥棒
春風亭柳好二八そばや
柳亭小痴楽兄哥
小杉義男刀屋の主人
財津一郎座頭勝
黒沢年雄 (Toshio Kurosawa)鼠小僧次郎吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP