懲役十八年

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

敗戦の混乱の中で、もと海軍大尉の川田と副官の塚田は、遺族連絡事務所を開いて絶望と飢餓に追いやられた犠牲者の遺族を必死に守っていた。旧軍隊の倉庫をおさえている外国人を襲って食糧を奪い、遺族たちに与えていた。危険な毎日ではあったが、いつの日か遺族たちだけのマーケットを建設するという夢が二人を支えていた。ある日、二人はついに中国人の工場を襲撃し、銅線を盗もうとしたが、米軍と警察に追撃され、塚田は逃げたが、川田は刑務所に送られた。いつの間には川田は刑務所仲間の大将に祭られていた。ある日川田の監房に石岡という少年が入ってきた。意外にも彼はかつての川田の部下石岡少尉の息子であった。さて今では特飲街のボスにおさまっている塚田は、川田が自分の過去を知っているのを恐れ、川田が父を殺したのだと石岡を煽動した。刑務所の野球大会の日、石岡は案の定、拳銃で川田に重傷を負わせた。川田は所外の病院に移され、駈けつけた石岡の姉比佐子から塚田が拳銃を差し入れたことを知らされた。数日後石岡は脱走した。塚田の所だと直感した川田は病院を脱走、米車のジープを奪った。自動小銃を擬して塚田興行に乗り込み、檻禁されていた比佐子を救い出し、石岡には刑務所に戻るようにさとして、塚田を追った。階下を子分に守らせた塚田は二階に潜んでいたが、川田は隣りの倉庫から屋根づたいに走っておどり込んだ。彼は塚田とさし違えて死ぬつもりだった。それがせめてもの塚田へのかつての友情のしるしであると思ったが、塚田は逃げた。川田の自動小銃は火を吹き、包囲した警官隊から投げられたサーチライトに、川田の顔が浮かんだ。


解説

「お尋ね者七人」の笠原和夫と森田新が共同でシナリオを執筆し、「骨までしゃぶる」の加藤泰が監督したアクションもの。撮影は「冒険大活劇 黄金の盗賊」の古谷伸。


公開日1967年2月25日より
配給東映
制作国日本 (1967)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
安藤昇川田章
小池朝雄 (Asao Koike)塚田義男
近藤正臣 (Masaomi Kondo)石岡健一
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)石岡比佐子
岡島艶子石岡重子
穂高稔森下幸司
水島道太郎大杉
曽我廼家明蝶フロシキ
畑中伶一屑屋
汐路章 (Akira Shioji)博士
川辺健エレキ
山城新伍ボーイ
小松方正喧嘩鉄
大城泰
唐沢民賢松原
小田部通麿鉄板
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)般若
波多野博浦田
西田良竹井
鈴木金哉犬山
有島竜司久保
結城哲男点検の看守
疋田圀男分類課長
那須伸太朗教育課長
脇中昭夫中川医務官
有川正治大沢
沢淑子及川静江
菅井きん三田村アキ
宮城幸生運転席の男
村居京之輔荷台の男
小峰一男工場の男
蓑和田良太医師
今井美恵子若い娼婦
島田秀雄古谷
山中三奈子受付の看護婦
香月涼二刑事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP