雌が雄を喰い殺す かまきり

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

元華族の血筋をひく京子が、五十歳を越えた軍平と結婚したのも、観光会社の社長軍平がもつ二十億の資産にひかれてのことである。だから、軍平が妾に生ませた娘みどりを引取ることにも不服は唱えなかったし、ファッションモデルの令子、バーのマダム雪江など十数人の妾を持っていることも黙認していた。しかし、みどりもしたたか者で、軍平の秘書山岡と肉体関係を持ちながら財産を狙っていたのだ。ある日、軍平が胃に変調を感じて中条医師の診断を受けたが、中条はかつての京子の恋人だったから、京子の指示通り、軍平が胃癌であると告げ、偽のレントゲン写真を見せた。ショックを受けた軍平は全部の妾と手を切った。その真相を中条とベッドを共にしながら訊き出したみどりは、京子を問いつめるが、逆に言いくるめられてしまった。そんな時、みどりは彼女の本当の父花山を殺した。軍平の子でないと分ると遺産が貰えなくなるからだ。一方、京子は抜け目なく、みどりの殺人直前の対話をテープにとっておいた。また軍平の方は、癌ノイローゼになりながらも、新しい秘書しのぶに夢中になっていた。死ぬまでに処女を抱くというのが彼の悲願なのだ。やがて、しのぶが一途に思いつめた軍平に身を任せた時、軍平は全財産はしのぶにやると約束した。しかし、しのぶもまた軍平の財産を狙う女だった。ある日、しのぶのマンションでガスが洩れ、軍平は死んだがしのぶは助かった。これはしのぶが生命をかけて仕組んだものだが、誰にも感づかれなかった。その結果遺産がしのぶのものになると知った京子とみどりは、遺言状無効の訴えをしようとしたが、二人の軍平殺害の共同謀議を、しのぶの恋人の電気屋によってテープにとられていたため、あきらめなければならなかった。しかし、しのぶにはしてやられたが、京子とみどりは正式の養子縁組をして、次のカモを狙うのだった。


解説

「天下の快男児」の池田一朗と、「フォークで行こう 銀嶺は恋してる」の井上梅次が共同でシナリオを執筆し、井上梅次が監督したミステリー。撮影は新鋭笠川正夫。


公開日1967年2月23日より
配給松竹
制作国日本 (1967)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
岡田茉莉子 (Mariko Okada)大田黒京子
加東大介大田黒軍平
吉村実子大田黒みどり
香山美子 (Kayama Yoshiko)司しのぶ
山内明中条欣也
露口茂山岡満
中原早苗曽田雪江
路加奈子夏川令子
田中春男花山茂
尾和義三郎電気屋の青年
南泰介運転手佐野
田中邦衛 (Kunie Tanaka)高橋健
檻明男川口
川島照満中野
深見泰三角川正人
内藤武敏石山弁護士
巽仙太郎古沢弁護士
菅井一郎保全党幹事長
野々浩介暁観光部長
中田耕二吉野部長刑事
国分秋恵東刑事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP