落語野郎 大爆笑

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸は両国の盛場、見世物小屋が並ぶ中で、客を呼ぶ飴売のお春に丸橋忠弥が絡んでいた。通りがかりの首売り金太が、お春を助けようとし、すんでのところで丸橋の刃をかわし、一目散にドロン。その間に金太やお春の住むドブ板長屋の大家、小言幸兵衛の一人息子、幸太郎が誘拐された。事件を、銭形ならぬ銭無平次とガラッ八、脳天辰を隊長として、長屋の八五郎、熊吉、一心太助らが大張切りで捜査を開始。スッタモンダの揚句、事件の首謀者は丸橋で、バカ殿赤井御門守を欺し、世継ぎがないことにつけこんで、幸太郎を若殿様に仕立てようとしていたことが判明。しかし丸橋にも手抜かりがあった。長屋の権三と助十の駕篭に乗った時、一味の連判状を駕篭の中に忘れたこと、赤井家には熊吉の娘お七が奉公しているのを知らなかったこと、さらに赤井家に伝わる火焔太鼓がないと、幸太郎の世継ぎもダメになること、など。権三と助十の居所をつきとめた丸橋は、子分の三人吉三を使って二人を殺そうとしたが、金太に阻まれて果さず。やがて熊吉が火焔太鼓を持っていると分った丸橋は、百両でそれを買上げると赤井邸に呼び寄せ、喜んで罷り出た熊吉はそこに幸太郎がいるのでビックリ。慌てた丸橋は熊吉を監禁してしまった。父親を捕えられたお七は、お春の声を頼りに救いを求める手紙を投げ、この手紙で初めて、事件の全貌を知った金太が赤井邸に向う。お七を責めて金太が来るのを感づいた丸橋は、今度は金太を追いつめる。金太危うしとお春は、火事以外に叩いてはいけない半鐘を鳴らした。赤井屋敷になだれ込む町方役入と長屋衆により、丸橋一派はついにお手上げ。半鐘の禁を破ったお春は火あぶりの刑。そこに現われた南町名奉行こと、遠山金四郎が実は金太であることを知って、長屋の連中は狂喜するのであった。


解説

「落語野郎 大脱線」の新井一と椿澄夫がシナリオを執筆し、杉江敏男が監督した喜劇。撮影もコンビの完倉泰一。


公開日1967年2月11日より
配給東宝
制作国日本 (1967)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
三遊亭歌奴金太
桂米丸熊吉
古今亭志ん馬一八
柳亭小痴楽八五郎
宮城けんじ権三
東けんじ助十
三遊亭金遊太助
桂歌丸呑海
中村是好越後屋幸兵衛
黒川俊哉息子・幸太郎
塩沢とき女中・お藤
笠置シヅ子おみつ
高原とり子おかね
藤木悠丸橋忠弥
田島義文水野十郎左衛門
牧伸二 (Shinji Maki)与三郎
東京ぼん太蝙蝠安
三浦布美子お富さん
酒井和歌子 (Sakai Wakako)お七
獅子てんや赤井御門守
瀬戸わんや近習三太夫
月の家円鏡薮井竹庵
伊東四朗 (Shiro Ito)お嬢吉三
戸塚睦夫お坊吉三
三波伸介和尚吉三
内藤陳銭無平次
久里みのるガラッ八
成美信脳天辰
横山フック漫太
横山ノック漫吉
上岡龍太郎漫次
久保菜穂子おしか
浦山珠実お雪
鈴木治夫呼び込み
前田隣亀一
岸野猛亀二
江口明亀三
佐田豊文吉
春風亭柳好仙之助
南弘子うなぎ屋の女中
中山豊御門守門番
岩本弘司賭場の侍
都はるみ飴売りお春
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP