散歩する霊柩車

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

小柄な麻見に対して、妻のすぎ江は大型な豊満な女性であった。一年ごとに貫禄を示してゆくすぎ江は、タクシー運転手の夫の留守に、医師の山越、初老の北村、ハリキリボーイの小倉と、浮気心を満足させていた。喧嘩の絶えない夫婦が思いついたのは、すぎ江が恋の清算をして、自殺という仕掛けで、麻見がその死体入りの棺桶をかつぎ廻り、山越や北村をゆすって歩こうということであった。小心者の北村は五百万円、山越もまた札束を積むかにみえたが、彼こそこの狂言の作者で、すぎ江を口説いて、人のいい麻見を利用したのだった。山越はすぎ江から五百万円受けとると、すぎ江をも毒殺しようとしていた。一切を知った麻見は、山越の仮面を剥がし、山越は自ら毒を仰いで死んだ。死体の処理をすますと、アパートに帰ったすぎ江は、麻見の内ポケットにある五百万円の札束をみつけると、睡眠薬で麻見を眠らせ、五百万円を持って小倉のもとに走った。だが包みの中から出て来たのは、すぎ江の死亡通知書であった。息せききって帰って来たすぎ江は、麻見と、五百万円をめぐって争った。二百五十万円を喧嘩の末とったすぎ江は、麻見を憎悪し麻見はすぎ江を嘲笑した。夫婦の愛情は二人の間には、もうなかった。だが麻見はすぎ江の見事な身体に対する未練は強く残っていた。小倉のもとにゆくというすぎ江の言葉に逆上すると、麻見はすぎ江を殺した。早速霊柩車に乗せると、火葬場へと急いだ。だが運転手の毛利はすぎ江の変死を見破り、麻見をゆすった。一枚でも札は渡せない、麻見は毛利の油断をついて霊柩車を猛スピードで走らせた。巨木の真中に突進した霊柩車の破片の中を、五百万円の札束が舞いあがっていった。


解説

樹下太郎の同名小説を「にっぽん実話時代」の松木ひろしと藤田傅が共同で脚色「警視庁物語 十代の足どり」の佐藤肇が監督したスリラーコメディ。撮影は「悪女」の西川庄衛。


公開日1964年10月3日より
配給東映
制作国日本 (1964)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
西村晃麻見弘
春川ますみ (Masumi Harukawa)麻見すぎ江
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)毛利三郎
金子信雄 (Nobuo Kaneko)山越堅児
曽我廼家明蝶北村由之助
岡崎二朗小倉民夫
宮園純子松田礼子
浜村純死体安置所の男
加藤嘉病院の守衛A
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)病院の守衛B
片山滉病院の事務員
谷本小夜子看護婦
大辻伺郎ホテルのフロント
花澤徳衛運転手
矢島由紀子女秘書
杉義一結婚式場の守衛
八方ゆりエレベーターガール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP