不連続殺人事件

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和二十二年夏、敗戦による混乱のおさまらぬ時に流行作家の望月王仁は、N県きっての財閥・歌川多門の豪邸で殺された。その時、多門の家には二十九人に及ぶ男女がいた。兇器の短刃からは、二人の女の指紋が発見され、もう一人の女のものと思われる小さな鈴が、害者のベットの下から発見。女中も含めた、二十九人の内、十人は、多門の息子の一馬によって招待された人々で、戦争中の数年間、歌川家に疎開していた人々であった。そして、そこでは一般の人々の想像を絶するような、男女の淫乱な生活が繰りひろげられていたのである。そして、それにも輪をかけてひどいのが、歌川家の複雑な血縁関係であった。その日の午後、望月王仁の屍体は、解剖のために県立病院へ送られた。そして、その夜、珠緒とセムシの詩人・内海明、千草と次々に殺されるのであった。一週間後の八月二十六日、第五・第六の殺人が行われた。加代子がコーヒーにまぜられていた毒物で、多門がプリンの中へ混入されていたモルヒネで殺害され、同時に異なる場所で殺人が起きた。警察も何んの手がかりもなく、確証も見い出せなかった。そして、これは犯人が自分を見分けることのできないようにとしくんだ、不連続殺人事件であることに気づく。第六の殺人から十日目の九月三日、不連続殺人の不連続たる一石が投じられた。女流作家の宇津木秋子が殺されたのである。さらに、六日後の九月十日、明方四時、あやか夫人と一馬が青酸カリによって死亡。事件は海けそめる空にそむいて、再び不明の闇に落ちた。そして、「九月十日・宿命の日」という一枚の貼紙がその闇より不吉に浮び上った。


解説

坂口安吾の原作の推理小説を映画化。山奥の別荘に集まった、二十九人の男女がくりひろげるサスペンス・ミステリーを描く。脚本は「国際線スチュワーデス 官能飛行」の大和屋竺と「嗚呼!! 花の応援団 役者やのォー」の田中陽造と曽根中生、荒井晴彦の四人共同、監督は「嗚呼!! 花の応援団 役者やのォー」の曽根中生、撮影は「レイプ25時 暴姦」の森勝がそれぞれ担当。


公開日1977年3月12日より
配給ATG
制作国日本 (1977)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
瑳川哲朗歌川一馬
夏純子歌川あやか
水原明泉歌川珠緒
福原ひとみ歌川加代子
金田龍之介歌川多門
泉じゅん下枝
田村高廣 (Takahiro Tamura)矢代寸兵
桜井浩子矢代京子
内田裕也 (Yuya Uchida)土居光一
内田良平望月王仁
小坂一也 (Kazuya Kosaka)巨勢博士
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)南雲一松
初井言栄南雲由良
伊佐山ひろ子南雲千草
石浜朗三宅木兵衛
楠侑子宇津木秋子
神田隆神山東洋
絵沢萠子神山木曽乃
江角英明人見小六
根岸季衣 (Negishi Toshie)明石胡蝶
木村元丹後弓彦
内海賢二 (Kenji Utsumi)内海明
松橋登海老塚医師
宮下順子 (Miyashita Junko)諸井琴路
粟津號坪田平吉
岡本麗 (Okamoto Rei)坪田テルヨ
梓ようこ八重
谷本一奥田利根五郎
浜村純片倉清次郎
長弘南川巡査
桑山正一平野警部(カングリ警部)
武藤章生荒部長刑事(八丁鼻)
清川正廣長畑刑事(読ミスギ)
南美由紀女中A
西沢武夫喜作
河原一邦新聞記者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP