鬼の詩

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ほんの一刻、明治の末に、大阪の寄席で桂馬喬は居並ぶ大家の落語より人気を集めた。桂馬喬は桂馬狂ではないかといわれた。まさにその芸は狂であった。しかし、もともと狂っていたわけではない。孤児の馬喬は養父の遺志を継いで芸人となった。最初の彼は古典一途の生真面目な落語を披露していたが、お茶子の露との結婚を境に、積極的な性格に変った。それまでの馬喬は手踊りと芝居咄しを得意とする人気落語家・桂露久の芸を邪道として軽蔑していたのだが、今の彼は、露久の芸を盗み、己れの芸にすべく、一挙一動を真似るのだった。そんなある日、突然、露が流産で死んだ。その日から馬喬の姿が消え、一カ月後、まるで幽鬼のような姿で現われた。以後、馬喬は、幽鬼のような姿で、盲目の乞食巫女を演じ、客席は涌いた。しかし不幸なことに馬喬は天然痘にかかってしまった。病は癒えたが、その顔は無残なあばた顔に変形した。だが、馬喬の芸への執念は、自らの顔を利用した鬼の咄しを考え出して、高座に復帰した。客は馬喬を鬼に見たてて、自分たちが高座の鬼をいじめている錯覚におちいるのだった。他の誰もが真似できない芸を馬喬は己れのものとした。客の馬喬に対する加虐趣味はエスカレートし、ついに馬喬は自分の歪み窪んだあばた顔に煙管を吊した。今日は一本、明日は二本と、客は何本の煙管を吊るすかという期待で集って来た。煙管の林の中に鬼の泣き笑いの顔があった。一本でも多く吊るそうと、馬喬は顔の窪みを深くするために、食を絶った。馬喬が自らの顔に十数本の煙管を吊して、露の位牌の前で死んでいたのは、それから間もなくの事だった。享年、35歳でだった。


解説

明治末期の大阪の寄席で活躍した桂馬喬を主人公に、上方芸人の芸に対する執念と壮絶な生涯を描く。原作は藤本義一の同名小説。脚本は藤本義一と杉浦久、監督は脚本も執筆している「富士山頂(1970)」の村野鐵太郎、撮影は「夜にほほよせ」の吉岡康弘がそれぞれ担当。


公開日1975年8月16日より
配給ATG
制作国日本 (1975)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


キャスト

俳優名役名
四代目桂福団治桂馬喬
片桐夕子
露乃五郎桂露久
中原早苗お藤
信欣三鍼灸医
井川比佐志 (Hisashi Igawa)馬喬の養父
本郷淳せん馬
早川雄三月亭文都
伊達三郎 (Saburo Date)仁輪加
入江洋佑医師
蛍雪太朗文雀
一輪亭花咲詩吟師
浮世亭歌楽剣舞師
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
映画『愛がなんだ』岸井ゆきの&成田凌がラブラブ! “キューピーごっこ”&“あごトン” 胸キュン♪シーン写真解禁

2019.02.22

彼女の物語が世界を変えたーたった一人の女性が挑んだ世紀の《男女平等裁判》ついに開廷!『ビリーブ 未来への大逆転』予告映像解禁

2019.02.22

かつてない家族愛のカタチに、まさかの“トラ泣き”中毒者続出!!本日<2/22(金)=猫の日>トラ猫・北山宏光、“にゃんかわ頬ずり”カット初解禁!『トラさん~僕が猫になったワケ~』

2019.02.22

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
ヘレン・ミレンら、アカデミー賞のプレゼンターが追加発表

2019.02.22

グウィネス・パルトロウ、マーベル作品から卒業?

2019.02.22

ダニエル・カルーヤとキース・スタンフィールド、ブラックパンサー党を題材にした映画に出演か?

2019.02.22

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『ねことじいちゃん』特製ペーパークリップ

グッズ10名様

『ねことじいちゃん』特製ペーパークリップ
『天国でまた会おう』映画プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『天国でまた会おう』映画プレスシート(非売品)
『グリーンブック』レターセット

グッズ3名様

『グリーンブック』レターセット
『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』 映画プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』 映画プレスシート(非売品)
『ちいさなプリンセス ソフィア/ピンクのペンダント』DVD

その他1名様

『ちいさなプリンセス ソフィア/ピンクのペンダント』DVD
『漂うがごとく』試写会

試写会5組10名様

『漂うがごとく』試写会
『アクアマン』携帯リング

グッズ5名様

『アクアマン』携帯リング

プレゼント一覧


TOP