新・団地妻 ブルーフィルムの女

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

浅野雄吉は信用金庫に勤めている実直なサラリーマンである。二年前、霧子と結婚、団地で幸せな生活を送っている。ある日、雄吉は得意先きからブルーフィルムを入手したところ妻にそっくりな女が出ているので驚く。フィルムを霧子に見せて詰問すると途端に霧子の顔色が変ったのを彼は見逃さなかった。翌日、やつれ顔の霧子は雄吉に離婚を申し入れたが、自分の信用にかかわることを恐れた雄吉は拒んだ。霧子には暗い過去があった。若い頃、エロ小説家の前川京介と知り合い同棲していた頃、世間知らずの霧子は前川のいいつけでブルーフィルムに出演したことがあったのだ。霧子は昔の友人、綾子を尋ねて残り四本のフィルムの行方を聞いた。綾子に教えられた大人の玩具屋を訪ねた霧子は、店の主人長田民雄に言葉巧みに旅館へ誘われる。長田は霧子を抱き終った後、一本のフィルムを焼き、残り三本の転売先を教えた。霧子は暇をみてはフィルムの持ち主を訪ね、長田のときと同様、フィルムを焼いてもらうのを条件に相手に抱かれた。ようやく四本が焼却されホッとした霧子だが、彼女の外出がちなのを知った雄吉は執拗に責める。悲しみに追い打ちをかけるような夫の仕打ちに、家を飛び出した霧子の足は、いつしか綾子の店に向いていた。ところが、綾子のそばに前川の姿があった。綾子から霧子が幸福な生活を送っていることを聞かされた前川は、彼女のために自分が持っている、最後の一本のフィルムを焼いてしまうと霧子に申し出たのだ……。


解説

暗い過去を持つために現在の幸福な生活が破壊されていく若妻を描く。脚本は木俣堯喬、監督は「トルコ(秘)悶絶」の林功。撮影も同作の山崎敏郎が各各担当。


公開日1975年5月17日より
配給日活
制作国日本 (1975)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
珠瑠美浅野霧子
浜口竜哉浅野雄吉
井上博一前川京介
南ゆき綾子
島村謙次長田民雄
玉井謙介木島久蔵
小泉郁之助高島剛造
影山英俊新一
しば早苗芸者
雪丘恵介前川の女
桂小かん綾子の男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
『スパイダーマン:スパイダーバース』日本版最新予告解禁!!日本語吹替版主題歌:TK from 凛として時雨

2018.12.11

X-MEN史上“最大の闇” 〈ダーク・フェニックス〉がブラジルコミコンをジャック!ソフィー・ターナーとジェシカ・チャステイン&監督が降臨。

2018.12.11

J・キャメロン絶賛の最新作!最新予告編到着!!アリータが覚醒!畳み掛ける怒涛のアクションシーン解禁!!

2018.12.11

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
レア・セドゥ、「007」シリーズに復帰

2018.12.11

ティモシー・シャラメ、ウェス・アンダーソン監督最新作に出演決定

2018.12.11

ケヴィン・ハート、アカデミー賞の司会を辞退

2018.12.11

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『宵闇真珠』プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『宵闇真珠』プレスシート(非売品)
『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ

グッズ3名様

『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ
『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

その他5組10名様

『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP