赤線本牧チャブヤの女

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和の初め、横浜港の近くにある本牧岬。その一角にあるホテルと称する洋館風の建物が並ぶ特飲街。人呼んで“チャブヤ”という。大和田アキが売られて来たのは「太陽ホテル」で、処女の彼女は七、八回も水揚げ式をやらされた。女たちの面倒をみている洋子は、アキを女アンマの福原とみの家に連れていった。とみに性技を教えてもらい、床上手になったアキは、次第に売れっ子になっていった。とみの使い走り兼SEX相手の太郎は、アキに惹かれ、アキも同じ気持ちでついに二人は関係を持つが、それがとみに知れてしまい、太郎は折檻される。その頃、同僚の君江はもっと金の儲かる満州へ売られていった。不況の荒海の中で二・二六事件が勃発、世情の不安は広がるばかりだった。やがて、本牧の噂を聞いた日本人たちの客の姿も多くなっていたある日、アキは佐久間と武藤の二人の男を相手にしたが、二人のしつこさに怒って、傷害事件を起こしてしまった……。昭和16年。チャブヤは廃止され、アキは敗戦の年の暮に他殺死体となって発見されたが、犯人は判らず仕舞いだった……。


解説

“赤線”シリーズ三作目。昭和初期の横浜を背景に、男たちの愉しみだけに供せられた“チャブヤ”の女たちの哀歓を描く。脚本は「秘本 乱れ雲」の佐治乾、監督は「赤線最後の日 −昭和33年3月31日−」の白鳥信一、撮影は「ソープランド(秘)昇天」の畠中照夫がそれぞれ担当。


公開日1975年1月25日より
配給日活
制作国日本 (1975)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
録音
照明
編集
助監督
スチール
ナレーション

キャスト

俳優名役名
ひろみ麻耶大和田アキ
片桐夕子桐川夕子
あべ聖井口蘭子
芹明香江島照子
山科ゆり (Yuri Yamanashi)佐野君江
二条朱実福原とみ
絵沢萠子洋子
橘田良江太陽ホテルの女
大谷木洋子太陽ホテルの女
信太且久太郎
谷文太佐野浩
坂本長利佐久間
小泉郁之助武藤
雪丘恵介緒方
八代康二赤木猪一郎
浜口竜哉日本の青年
小林旦アキの客
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
ジェイソン・モモアが“戦士の舞”を世界に披露!!ファン約1000人が大喚起!!『アクアマン』LA プレミア

2018.12.14

【フィンランド日本2019】「親善大使」発表会に『雪の華』橋本光二郎監督がゲスト登場!!「この映画でフィンランドに恩返しができたらと」

2018.12.14

実写映画『アラジン』日本公開日ついに決定!!!この音楽は!? 特報・ポスターも完成

2018.12.14

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
『ドクター・ストレンジ』続編が製作へ

2018.12.14

リブート版『悪魔の毒々モンスター』が製作へ

2018.12.14

『クレイジー・リッチ!』のコンスタンス・ウー、新作ラブコメ映画に出演か

2018.12.14

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『宵闇真珠』プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『宵闇真珠』プレスシート(非売品)
『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ

グッズ3名様

『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ

プレゼント一覧


TOP