どてらい男

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和十年、大阪の鉄と機械工具の問屋町にある前戸商店に、福井の在から二人の少年、山下猛造と尾坂幸夫が丁稚として入って来た。翌朝から一番番頭の竹田や古参丁稚にいじめられる猛造と尾坂。さらに商品は全て英語で書かれてあるために中学を出ていない二人は何かと馬鹿にされるのだった。その中で、店の一人娘弥生だけがやさしく、猛造は秘かに想いを寄せていた。やがて猛造と尾坂は弥生に英語を教えてもらい、彼女の助言で夜学にも通えるようになった。ある日、猛造は夜学の同級生芋井に連れられて待合いに行った。芸者糸路は猛造の顔を見て、死んだ弟を思いだすのだった。弥生の父・文治が死に、文治の弟・文夫が店を継ぐことになった。ところが文夫は、竹田が他の店から引き抜かれそうになったので、弥生との結婚を約束してしまった。悩む弥生のために猛造は、むこう三ヵ月の間、竹田とセールス合戦して、自分が勝ったら破談にしてくれ、と文夫に申し出た。弥生が肺浸潤で入院した。セールスの経験の全くない猛造は、約束の日が近づくにつれ、あせりだした。そんな時、立売堀界隈で将軍の異名を持つ老人、大石善兵衛と知り合い、セールスの教えを請うた。そして、約束の期限には見事、竹田を追い抜くことができた。だが、病床で喜んでくれた弥生は、喀血して帰らぬ人となってしまった。……


解説

大阪の問屋町を舞台に、古参丁椎の仕打ちにも音を上げず商いの力をつけていく男を描いた根性喜劇。原作は花登筐の同名小説。脚本は「超能力だよ全員集合!!」の田坂啓、監督は「ユートピア」の古沢憲吾、撮影は「喜劇 だましの仁義」の逢沢譲がそれぞれ担当。


公開日1975年2月1日より
配給東宝
制作国日本 (1975)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
西郷輝彦山下猛造
田村亮 (Ryo Tamura)尾坂幸夫
小柳ルミ子前戸弥生
日野麗子村川清子
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)竹田一夫
高橋昌也 (Masaya Takahashi)前戸文夫
曽我廼家明蝶前戸文治
内藤武敏岡田弥太郎
田中邦衛 (Kunie Tanaka)芋井
都家かつ江丑代
道井和仁正蔵
石田茂樹近藤
久保田勝也吉田
歌川千恵前戸昌子
守田比呂也川崎商店主人
音羽久米子小島商店主人
石矢博 (Hiroshi Ishiya)外交
細井利雄外交
浜木綿子糸路
伴淳三郎大石善兵衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お気に入り映画館
最新映画ニュース
ディズニー史上最高のハッピーを届ける日本版声優決定!圧倒的歌唱力をもつ平原綾香がメリー・ポピンズを熱演!俳優から司会業までこなす谷原章介が初歌唱シーンにも挑戦!『メリー・ポピンズ リターンズ』

2018.12.13

『空母いぶき』ヒロインに本田翼が決定!空母に乗艦し国家危機に翻弄される記者役に!更に中井貴一、斉藤由貴などが演じる“映画オリジナル”の登場人物を発表!! 深川麻衣、片桐仁 ほか 第三弾 追加キャスト解禁

2018.12.13

飯豊まりえ、声優初挑戦!! チュートリアル徳井も参加!「Get Wild」と共に、現代の新宿にあの冴羽獠が復活!!ゲスト声優決定&本予告解禁『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』

2018.12.13

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブニュース
ジャネール・モネイ、グロリア・スタイネムの伝記映画に出演決定

2018.12.13

ジェイク・ギレンホール、デンマーク映画『THE GUILTY/ギルティ』のハリウッド版で主演へ

2018.12.13

ダイアン・クルーガー、第1子は女の子!

2018.12.13

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『宵闇真珠』プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『宵闇真珠』プレスシート(非売品)
『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ

グッズ3名様

『プーと大人になった僕』オリジナルキャップ
『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

その他5組10名様

『家へ帰ろう』劇場鑑賞券

プレゼント一覧


TOP